ヒールメイトの年齢層・男女比を独自調査!会員の職業・年収の実態も

ヒールメイト会員の年齢層・男女比・職業を独自調査

<記事内にPR広告が含まれます>

ヒールメイトの会員数は13万人(2024年6月最新の数値)。
既婚者専用サイトの中ではトップクラスの会員数です。
でも本当に大事なのは会員の中身、つまり実態です。

この記事では、当サイトの独自調査でわかったヒールメイト会員の実態を解説します。
具体的には

  • 推定アクティブユーザー数
  • 会員の年齢層・男女比率
  • 会員の職業・年収

などを紹介します。

公式サイト・他のサイトでは確認できない、ヒールメイト会員の実態を知りたい人はぜひ読んでください!

この記事のまとめ

  1. 当サイトが独自調査したアクティブユーザー数は約38,800人
  2. 男性は会社員と会社経営者・役員、女性は会社員とパート・アルバイトが多い
  3. 男性会員の78%が年収700万円以上!

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

ヒールメイトのアクティブユーザー数と男女比率

冒頭で紹介したように、ヒールメイトの会員数は13万人です。
既婚者専用サイト内で比較すると会員数は第3位。
運営期間は短いですが、順調に成長しています。

順位 マッチングサイト名 累計会員数 運営開始日
1位 既婚者クラブ 30万人 2019年4月
1位 Cuddle(カドル) 30万人 2022年2月
3位 ヒールメイト 13万人 2022年6月
4位 Afternoon. 非公開 2020年
4位 Sepa(セパ) 非公開 2019年1月

ヒールメイトの会員数の推移をグラフにしました。
急スピードで成長していることがわかると思います

ヒールメイトの会員数の推移グラフ

でも累計会員数は「いまヒールメイトを使っているユーザー数」ではありません。
運営開始から現在までに登録した人の合計を示す数字です。
この中には退会した人や、登録しても全然使っていない人が含まれます。

本当に重要なのは「アクティブユーザー数」
いまヒールメイトを使ってセカンドパートナーを探している会員の人数ですね。

アクティブユーザー数と男女比率を独自調査したので紹介します!

アクティブユーザー数は推測で約38,800人

当サイトが独自で調査した結果、ヒールメイトのアクティブユーザー数は約38,800人でした。
※2024年2月2日に調査した数字

アクティブユーザー数の調査方法を解説します。
まず、ヒールメイトのアクティブユーザーを「身分証を提出済のユーザー」と定義しました。
これは運営会社に身分証を提出した人はある程度本気度が高いと判断できるからです。

そして

  • 居住地を「東京」
  • 身分証を「提出済」

このような条件で検索し、男女で分けて会員数を調べました。

ヒールメイトのアクティブユーザー数の調査画面

その結果は以下です。
※2024年2月2日に調査した数字です

  • 男性の会員数は3,335人
  • 女性の会員数は1,021人
  • 男女合計で4,356人

日本の人口は1億2,454万人。
(参考:総務省統計局
これに対して東京は1,406万人で、日本の人口は東京の約8.9倍です。

この数字をヒールメイトの東京のアクティブユーザー数に掛けると、ヒールメイト全体のアクティブユーザー数が推測できます。
結果、ヒールメイトのアクティブユーザー数は推測で3万8,768人となります。
※2024年2月2日に調査した数字です

本当のアクティブユーザー数はもっと多い

ヒールメイトには「非公開モード」があります。
非公開モードは無料で使えるので、特に女性はたくさんの人が非公開モードで使っているはずです。
今回は定義も結構厳しくしているのでヒールメイトの本当のアクティブユーザー数はおそらくもっと多いです。
それに、この記事で推測したアクティブユーザー数はただの単純計算です。
正確性に欠けますので注意してください。

男女比率は人気マッチングアプリほぼ同じ

今回の調査では、推定アクティブユーザーの男女比率は以下となります。

  • 男性:76.5%
  • 女性:23.5%

この数字を見て「男性の割合が多すぎ!」と思ったかもしれませんが、この数字は普通です。

SimilarWebというツールを使って、人気マッチングアプリのペアーズのアクティブユーザーの男女比率を調べました。
その結果、男性は69.68パーセントで女性は30.32パーセント。

人気出会い系アプリのハッピーメールの男女比率は男性が76.57パーセント、女性は23.43パーセントでした。
ちなみにSimilarWebだとヒールメイトは男性が67.55パーセントで女性は32.45パーセント。
※すべて2024年2月2日に調査
※紹介したSimilarWebの数字はパソコンから利用した人のみを分析した数字

SimilarWebのデータを整理しました

アプリ・サイト名 男性比率 女性比率
ヒールメイトヒールメイト 67.55% 32.45%
ペアーズペアーズ 69.68% 30.32%
ハッピーメールハッピーメール 76.57% 23.43%

男性と女性が出会うサービスでは、アクティブユーザーの男女比はだいたいこのくらいの数字に落ち着きます。
なので、今回の調査で算出されたヒールメイトの男女比率は平均的だと言えます。

会員登録する男女の比率は6:4くらい

ヒールメイトに新規会員登録する男女比率は当サイトの調査では6:4くらいでした。
やはり女性の方が男性よりもアクティブ率が下がります。
だから先ほど発表したような数字になるのですね。

ヒールメイト会員の年齢層を独自調査

次はヒールメイト会員の年齢層を紹介します。
年齢層についても、当サイトで独自調査を実施しています。

セカンドパートナーを作るときは年齢が同じくらいの人が多いサイトを選ぶのがおすすめ。
ここでヒールメイトが年齢層的にあなたにマッチするか確認してください!

年齢層は30代・40代・50代が全体の約9割

ヒールメイトの公式発表によると、会員の約9割は30代・40代・50代です。
(参考:ヒールメイト公式サイト
公式発表をもとに会員の年齢層をグラフにしてみました

ヒールメイト利用者の年齢層のグラフ画像

これを疑うわけではありませんが、当サイトでは男女それぞれ100人の会員をランダムに表示し、年齢分布を調査しました。
※調査日は2023年9月15日
結果は以下です

年齢層 男性会員数 女性会員数
20代 1% 8%
30代 28% 33%
40代 40% 41%
50代 28% 17%
60代 3% 1%

全体的には、公式発表とそれほど差がない数値になりました。
ただ、公式発表と比較すると50代以上がすこし減り、20代・30代がすこし増えていますね。
ここ最近のヒールメイトの傾向として、年齢層が下がりつつあるのかもしれません。

>>ヒールメイト公式サイトへ

年齢層をカドルや既婚者クラブと比較

ヒールメイト会員の年齢層を、他の既婚者専用マッチングサイトと比較します。

サイト名 主な年齢層
ヒールメイト 30〜50代(40代が最も多い)
カドル 20代・30代・40代
既婚者クラブ 30・40代
Afternoon. 30〜50代

結論から言うと競合サイトも似たような年齢層です。
でも唯一カドルだけは違います。
カドルは「スワイプ型」のマッチングサイトということもあり、ヒールメイトよりも少し年齢層が若いです。
なので20代のセカンドパートナーを作りたい人はカドル一択となります。

ヒールメイト会員の職業を独自調査

次のテーマは「職業」。
再び身分証を提出済の東京のヒールメイトユーザーに限定して調査し、割合が多い職業を調べました。

男性と女性で傾向がかなり違いますので、男女に分けて解説します。

ヒール会員に多い職種ランキング

男性は会社員と会社経営者・会社役員が多い

男性でダントツに多いのは会社員です。
全体の半分以上が会社員でした。

次に多かったのは「会社経営者・会社役員」。
東京だからなのか、全体の23%ほどが会社経営者・会社役員でした。
ヒールメイトの男性会員はお金に余裕がある人が多そうですね。
これは女性にとっては朗報だと思います。

女性は主婦と会社員とパート・アルバイトが多い

女性も男性と同じように会社員が最も多いです。
次がパート・アルバイトで、その次は主婦。
この3つの職業が女性会員全体の8割以上を占めています。
ヒールメイトは男性と女性で職業の傾向がかなり違いますね。

>>ヒールメイト公式サイトへ

ヒールメイトの男性会員の年収を独自調査

ヒールメイトを使おうか迷っている女性は男性会員の職業だけでなく、年収も気になってると思います。
なので当サイトはヒールメイト男性会員の年収を独自調査しました。

調査方法としては、まず男性会員100人をランダムに表示。
そしてそれぞれの年収をチェックする、という簡単なものです。

結論からお伝えすると、最も多いのは年収900万円~1200万円の男性で、全体の27%がこのグループです。
調査結果はこちら

年収 男性会員割合
300万円~500万円 9%
500万円~700万円 13%
700万円~900万円 22%
900万円~1200万円 27%
1200万円~1500万円 16%
1500万円~2000万円 7%
2000万円~2500万円 3%
2500万円~5000万円 2%
5000万円以上 1%

男性会員の78%が年収700万円以上でした。
ヒールメイトの男性会員は年収に余裕がある人が多いことがわかりますね。

ただし、年収は自己申告です。
簡単に嘘をつけますし、マッチングアプリで嘘の年収を登録する男性は多いです。

女性はプロフィールに記載されてる年収を鵜呑みにしないようにしてください。

【まとめ】ヒールメイトは会員数の割にユーザー数が多い

ヒールメイトの最大の特徴は13万人という会員数にしてはアクティブユーザー数がとても多い点です。

なおかつ、会員は

  • 40代を中心に30代〜50代まで幅広い人が利用してる
  • 真剣な出会いを求める人が多い
  • 男性は高収入の人が多い

という特徴があります。
全体として見ると、既婚者向けマッチングアプリとしては非常に優良。
出会いを求める既婚者はぜひ利用してください。