Cuddle(カドル)で身バレを防ぐにはシークレットモードがおすすめ!

Cuddle(カドル)のSecret Modeを解説

<記事内にPR広告が含まれます>

既婚者男性がCuddle(カドル)での身バレを予防したいなら、シークレットモードがおすすめです。
この記事ではシークレットモードの仕組み・メリットや料金、さらにはシークレットモードを使うべき人について解説します。

カドルでは女性会員はシークレットモードを使えません。
プロフィールを非公開にしながら出会いを探したい女性は「ヒールメイト」を使ってください。
ヒールメイトは業界第3位の既婚者マッチングアプリ。
男女どちらも無料でシークレットモードを使えるので、身バレしたくな人におすすめです。

この記事のまとめ

  1. シークレットモードは身バレが防げる、既婚者にとって嬉しい機能
  2. シークレットモードは料金が高いのでお金に余裕がある人向け
  3. 無料でシークレットモードを使いたい人は「ヒールメイト」がおすすめ

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

カドルのシークレットモードとは【仕組み・機能】

カドルのシークレットモードは身バレ防止にとても役立つ機能です。

カドルのシークレットモードを使えば、あなたのプロフィールを見れるのは「LIKE(いいね)」した相手のみ。
あなたの写真やプロフィールは不特定多数のカドル会員に表示されなくなります。

カドルのシークレットモードの図解

具体的には、カドルの異性会員の「スワイプ画面」であなたのプロフィールが表示されなくなります。
スワイプ画面の例はこちら↓
※顔が写っている部分は塗りつぶしています

カドルのスワイプ画面

もちろんシークレットモード利用者はこれまで通り他の会員にLIKE可能。
つまりLIKEが一方通行になるのです。

カドルにはマッチングアプリでよくある「ブロック機能」が無いです。
だから、絶対にバレたくない人がいる場合はシークレットモードがおすすめ。

正式名称Cuddle(カドル)
累計会員数30万人
主な年齢層20代〜40代(最も多いのは30代)
料金男性のみ有料:1ヶ月9,980円
(最安値:1ヶ月3,980円)
運営開始2022年2月
運営会社ThirdPlace株式会社
インターネット異性紹介事業受理番号三田23-069346
公式URLhttps://www.cuddle-jp.com/

シークレットモードの仕組み・機能まとめ

  1. 他の会員にプロフィールを見られることが無くなる
  2. あなたのプロフィールを見れるのは、あなたがLIKEした人だけ
  3. 具体的には異性会員のスワイプ画面にあなたのプロフィールが表示されなくなる
マッチングアプリでは既婚者から大人気の機能

余談ですが、シークレットモードは独身者向けマッチングアプリをつかう既婚者から大人気の機能。
男性がシークレットモードを使っていると女性から既婚者だと疑われるほどです。

カドルのシークレットモードを使う3つのメリット

既婚者がカドルのシークレットモードを利用すると以下の3つのメリットがあります。
それぞれ解説しますね。

妻や知り合いにバレる確率が激減する

カドルは「既婚者専用アプリ」ですが、じっさいは18歳以上なら誰でも使えます。
そしてカドルの会員数は30万人以上。
この中には

  • あなたの妻の友達
  • あなたの子供の友達の母親
  • 仕事の同僚や取引先
  • 趣味などの知り合い

などが登録している可能があります。

知り合いや友達とマッチングしたり、プロフィールを見られたらとても気まずいですよね。
最悪、自分の家族にカドルを使ってるのをバラされる可能性だってあります。

でもシークレットモードならLIKEした相手しかあなたのプロフィールを見れません。
だから妻や知り合いにバレる確率は激減します。

登録した写真を悪用されるリスクが減る

マッチングアプリは不特定多数の人が使います。
中には色々な人がいて、アプリに登録している会員の写真を盗用し出会い系などに登録する人もいます。

写真を盗用されるとあなたの名誉が大きく傷つくようなことに使われる恐れがあります。
シークレットモードならこのようなリスクが減ります。

「この人だ!」と決めた女性に集中できる

3つ目のメリットは、あなたが「この人だ!」と決めた女性に集中できること。

シークレットモードを使えばマッチングするのはあなたがLIKEした人だけ。
つまりあなたが気になった人のみです。

たくさんの人とマッチングすると脳内が混乱し、1人のお相手に集中できなくなります。
シークレットモードならこのような事態を予防できます。

1人のお相手に集中できれば結果的に関係がうまく進む可能性がアップします。
つまり、良いセカンドパートナーを作れる可能性も上がるのです。

>>カドルに無料会員登録する

既婚者がシークレットモードを使う4つのデメリット

次はデメリットです。
シークレットモードにはデメリットもあるので、必ず確認してください。

無料ではないので出費が増える

こちらで詳しく解説してますが、カドルのシークレットモードは有料で料金はけっこう高いです。
よって利用したら確実に毎月の出費が増えます。
シークレットモードによる出費が嫌な人はシークレットモードが無料の「ヒールメイト」を使ってください。

マッチングする人数が減り「偶然の出会い」も減る

シークレットモードを使うとあなたがLIKEした人としかマッチングしません。
お相手からのLIKEが無くなり、マッチングが成立する回数は確実に減ります。

ただマッチング成立が減るだけでなく、お相手からのLIKEによる「偶然の出会い」も減ります。
人はどうしても同じタイプの人にLIKEする傾向があります。
だから「今まで仲良くなったことがない異性」との出会いが減る可能性が高いです。

LIKE(いいね)の消耗速度が上がる

自分からしかLIKEできないと、マッチング成立を増やすには自分からバシバシLIKEするしかありません。
そしてカドルではLIKEは1日10件が上限です。
なかなか上手くいかず、マッチングを増やすために高額の「Platinum Option」に加入してしまった・・・なんて人も出てきそうです。
※Platinum OptionだとLIKEの上限が1日30件に増えます

家族や同僚にバレる確率が0%になる訳ではない

シークレットモードを使ったとしても、家族や同僚にバレる確率が0%になる訳ではありません。

たとえば

  • シークレットモード加入前に妻の友達にプロフィールを見られた
  • カドルで知り合い、会った相手が妻の友達だった

こんな風にバレることもあります。
シークレットモードだからといって、誰にもバレずにセカンドパートナーが作れる訳ではないのです。

カドルのシークレットモードの料金を解説

ここからはシークレットモードの料金を解説します。

男性はカドルゴールドとの併用が必要

先にお伝えすると、カドルの男性会員はシークレットモードに加入しただけでは出会えません。
女性と出会うには有料プランのCuddle GOLD(カドルゴールド)に入会する必要があります。

シークレットモードのプラン別料金一覧

カドルのシークレットモードの利用料金は以下です。
支払いはクレカ決済もしくは銀行振込に対応しています。

契約期間一括料金単月料金
1ヶ月4,980円
3ヶ月11,940円3,980円
6ヶ月17,880円2,980円
12ヶ月23,760円1,980円

カドルゴールドとシークレットモードを併用した時の料金

男性がカドルで女性と出会うにはCuddle GOLD(カドルゴールド)への加入が必要。
なのでシークレットモードを使うと出費が増えることになります。

  • Cuddle GOLD(カドルゴールド)
  • Secret Mode(シークレットモード)

この2つのプランを併用した時の、契約期間別での毎月の料金をまとめました↓

契約期間カドルゴールド利用料
(1ヶ月あたり)
シークレットモード利用料
(1ヶ月あたり)
1ヶ月の出費合計
1ヶ月9,980円4,980円14,960円
3ヶ月7,980円3,980円11,960円
6ヶ月5,980円2,980円8,960円
12ヶ月3,980円1,980円5,960円

けっこう大きな金額になりますよね・・・。
マッチングアプリはだいたい毎月4,000円くらいが相場です。
けどカドルは料金が高めのサービス。
さらにシークレットモードの料金が加わるとお財布へのインパクトはかなり大きくなります。

仮に6ヶ月間カドルゴールドとシークレットモードを併用したら、出費は合計で53,760円。
「セカンドパートナーは欲しいけど、できれば節約したいな・・・」という男性には、次に紹介するヒールメイトがおすすめです。

ヒールメイトなら無料でシークレットモードを使える!

カドルは既婚者のセカンドパートナー作り専用アプリです。
同じようなサービスは他にもあり、中にはシークレットモードが男女とも完全無料のサービスがあります。

その中で最もおすすめなのはヒールメイト
会員数はカドルよりも少ないですが、料金が安く、40代の男女の割合はカドルよりも多いのが特徴です。

ヒールメイト公式アプリのスクリーンショット画像

ヒールメイトの基本情報
累計会員数13万人
主な年齢層30代〜50代(最も多いのは40代)
シークレットモード料金無料
運営開始日2022年6月
インターネット異性紹介事業受理番号30220008-000
運営会社レゾンデートル株式会社
公式URLhttps://healmate.jp/

カドルと同じように、男性は有料プランに加入しないと出会えません。
そしてヒールメイトの有料プランの定価はカドルとほぼ同じ。

でもこの招待コードから登録し、1週間以内に課金すれば料金が30%オフになります。
つまりシークレットモードが無料になるだけでなく、有料プランの料金もカドルよりも安くなるのです。

カドルとヒールメイトで

  • 基本の有料プラン
  • シークレットモード

この両方を利用した時の、1ヶ月あたりの合計料金を比較します。
※ヒールメイトは招待コードが適用された30%オフの料金
※ヒールメイトではシークレットモードは「非公開モード」と呼ばれます

契約期間カドルヒールメイト
1ヶ月14,960円6,860円
3ヶ月11,960円5,460円
6ヶ月8,960円4,060円
12ヶ月5,960円2,660円

ご覧のとおり、ヒールメイトならカドルの2分の1以下の出費で使えます。
もちろんヒールメイトとカドルでは会員の年齢層や使い方が違います。
でもどちらもセカンドパートナー作り専用アプリという点では同じです。

セカンドパートナー作りのコスパが気になる人はヒールメイトの利用も検討するべきです。
ヒールメイトとカドルの違いは下のリンク先記事でくわしく解説してます。
2つの人気アプリの違いを知りたい方はチェックしてください。

カドルでシークレットモードを使うべき人の特徴

ここまで解説した内容をふまえ、カドルでシークレットモードを使うべき人の特徴を紹介します。
以下の3つのうち、2つ以上に該当する人はシークレットモードの利用がおすすめです。

シークレットモードが向く人の3つの特徴

  1. 【重要】お金に余裕がある人
  2. 【重要】絶対に奥さんにバレたくない人
  3. マイペースでセカンドパートナーを探したい人

逆にシークレットモードが向かない人も紹介します。
以下のどれか1つでも該当したら、カドルのシークレットモードを使う必要は無いと思います。

シークレットモードが向かない人の特徴

  1. 奥さんがセカンドパートナー作りを認めている人
  2. 節約しながらセカンドパートナーを作りたい人
  3. 30代以上の女性をセカンドパートナーにしたい人

「奥さんがセカンドパートナー作りを認めている人」は堂々とカドルを使ってOK。
だからシークレットモードへの加入は不要です。

「節約しながらセカンドパートナーを作りたい人」は、すでに解説したようにカドルではなくヒールメイトの方がおすすめです。
「30代以上の女性をセカンドパートナーにしたい人」に関してもヒールメイトの方がおすすめです。
なぜなら30代40代の女性はヒールメイトにもたくさんいて、なおかつ料金がかなり安いからです。

>>料金が30%オフになるヒールメイト招待コードはこちら

カドルでシークレットモード設定の流れ

カドルでシークレットモードを設定する流れを画像付きで解説します。
※男性はカドルゴールドに加入後にシークレットモードに課金してください

シークレットモードに加入する流れは以下です。

  1. カドルのマイページから「Secret Mode」をタップ
  2. シークレットモードのプランを選択しタップ
  3. 支払い方法を選択し料金を支払う

カドルのシークレットモードに加入する時の流れの解説画像

無料で出来る身バレ対策方法を紹介

最後に、お金をかけなくてもできるカドルの身バレ対策を紹介します。
「シークレットモードは有料だからちょっと・・・」という人はここで紹介する方法で身バレの確率を下げましょう!

  • ニックネームは本名やあだ名と全然違うものにする
  • 登録する写真にぼかしを入れる
  • マスクをつけた写真を登録する
  • メイン写真は知り合いからバレにくい角度の写真にする
  • プロフィールは嘘にならない範囲で変える

とくに写真のぼかしは重要です。
面倒だと思いますがBeautyPlusFotorなどの無料で使える写真加工アプリを使い、ぼかしを入れましょう!
基本的にはセカンドパートナー専用アプリは

  1. 写真にぼかしを入れた状態で相手とマッチング成立
  2. 数回のメッセージ交換の後、ぼかし無しの写真を交換

このような流れで使うのがおすすめです。

既婚者にとって身バレはとても危険なこと。
できるだけ用心し、安全な方法で出会ってください。