ヒールメイトとカドルを8項目で比較!それぞれが向く人を解説

ヒールメイトとカドルを8項目で比較!それぞれが向く人を解説

<記事内にPR広告が含まれます>

ヒールメイトとカドルの両方を使ってみて、その経験をもとに2つのアプリを8つの項目で比較しました。
その結果、それぞれがどんな人に向くかがわかりました!
それぞれが向く人の特徴はこちら

ヒールメイトがおすすめな人の特徴カドルがおすすめな人の特徴

ヒールメイトとカドルの違いを表でも整理しました。
重要な部分は赤字にしてあります。
時間が無い人はこの表で2つのアプリの違いを確認してください

比較項目ヒールメイトカドル
会員数13万人30万人
おもな年齢層30代〜50代
※40代が一番多い
20代後半〜40代
※30代が一番多い
料金割引あり(最大30%オフ)なし
1ヶ月の料金6,860円
※30%割引料金
9,980円
3ヶ月の料金5,460円/月
※30%割引料金
7,980円/月
6ヶ月の料金4,060円/月
※30%割引料金
5,980円/月
異性の探し方検索型スワイプ型
異性検索時に
指定できる条件数
マッチング
しやすさ
(男性会員)
メッセージ返信率

違いとして大きいのは「会員数」と「料金」です。

会員数に関してはカドルの方が上。
とくに人口が少ない地域で出会いを探す場合はカドルの方が向きます。
カドルの無料会員登録はこちらからどうぞ。

料金はヒールメイトの方が安いです。
これは定価から30%割引になる招待コードがあるからです。
お金を節約して既婚者マッチングアプリを使いたい人は以下の招待コードから会員登録してください。
登録後、1週間以内に課金すると30%割引が適用されます。
※すでに会員登録済みの人には20%オフのクーポンコードがおすすめ

この記事ではヒールメイトとカドルの違いを詳しく解説します。
2つの人気既婚者マッチングアプリを比較したり、違いを知りたい人はぜひ読んでください。

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

【結論】ヒールメイトが向く人・カドルが向く人の特徴

はじめに、2つの人気既婚者マッチングアプリを比較することでわかったヒールメイトがおすすめな人、カドルがおすすめな人の特徴から紹介します。

ヒールメイトを使うべき人の4つの特徴

ヒールメイトは以下に該当する人におすすめです。

ヒールメイトを使うべき人の4つの特徴

  1. セカンドパートナーとの真剣な恋愛を希望する人
  2. 30代以上のセカンドパートナーを作りたい人
  3. 身バレを防止して安全に出会いたい人
  4. 【男性のみ】安い料金で既婚者専用マッチングアプリを使いたい人

4つのうち1つでも該当したら、ヒールメイトを使ってセカンドパートナーを探すべきです。

ヒールメイトの最大の特徴は「真剣な恋愛を希望する男女の多さ」。
特に女性会員の本気度は凄いです。
女性たちの気持ちに応えられそうな男性は登録し、どんどん「いいね」してください。

既婚者にとって嬉しい「安全性の高さ」もヒールメイトの特徴。
具体的には身バレ防止機能は素晴らしく充実しています。
妻(夫)だけでなく、会社の同僚や友達にマッチングアプリを使ってるのがバレたくない人におすすめです。

男性にとって大事な「料金の安さ」では、ヒールメイトは業界最安値クラス。
こちらの招待コードから会員登録すれば料金が30%オフになり、コスパ面でも非常に優れているのがヒールメイトの特徴です。
※有効期限は登録後1週間
※女性は無料で使えます

Healmate(ヒールメイト)の基本情報

ヒールメイトは「検索型」の既婚者専用マッチングアプリ

ヒールメイトは「検索型」の既婚者専用マッチングアプリ。
つまり、自分で検索条件を指定して異性を探すタイプのアプリです。

サービスを開始してから短期間のうちに会員数を伸ばすのに成功。
今では既婚者専用マッチングアプリの3強に名を連ねています。

個人的にはサービス改善のスピードが素晴らしいと感じています。
1ヶ月のあいだに複数の機能が新規追加されたり改善されるのはまさに驚異的。

機能面では既婚者専用マッチングアプリの中でもダントツのナンバーワンです。

正式名称Healmate(ヒールメイト)
累計会員数13万人
主な年齢層30代〜50代(最も多いのは40代)
料金男性のみ有料:1ヶ月9,800円
(最安値:1ヶ月3,800円)
シークレットモードあり(無料)
運営開始2022年6月
運営会社レゾンデートル株式会社
インターネット異性紹介事業
受理番号
30220008-000
公式URLhttps://healmate.jp/

カドルを使うべき人の3つの特徴

カドルは以下に該当する人におすすめです。

カドルを使うべき人の3つの特徴

  1. 20代後半〜30代のセカンドパートナーを作りたい人
  2. 既婚者同士の軽い出会いに興味がある人
  3. お金に余裕がある人

この3点のうち1点でも該当したらカドルがおすすめです。

Cuddle(カドル)の最大の特徴は20代・30代会員の多さ。
40代が多い既婚者マッチングアプリが多い中、カドルは例外的に若い既婚者が多く登録してます。
そのせいか、既婚者専用マッチングアプリにしては軽いノリの男女が多くマッチングしやすいです。

会員数の多さもポイント。
会員数は30万人で、既婚者専用マッチングアプリの中ではトップです。

カドルがこの勢いで成長すれば地方都市でも既婚者同士のマッチングが成立しやすくなります。
チャンスはどんどん広がってるので、近場の会員をチェックしましょう!

Cuddle(カドル)の基本情報

Cuddle(カドル)は「スワイプ型」の既婚者専用マッチングアプリ

Cuddle(カドル)は「スワイプ型」と呼ばれる既婚者専用マッチングアプリ。
「Tinder」や「タップル」みたいなマッチングアプリがスワイプ型です。
カドルも写真を見てスワイプしていくタイプのアプリです。

スワイプ型ということもあり、外見に自信がある女性がたくさん登録してます。
なおかつ若い会員が多いので、20代・30代の若い既婚者女性をセカンドパートナーにしたい人には最高のアプリです。

正式名称Cuddle(カドル)
累計会員数30万人
主な年齢層20代後半〜40代(最も多いのは30代)
料金男性のみ有料:1ヶ月9,980円
(最安値:1ヶ月3,980円)
料金割引クーポンなし
シークレットモードあり(有料)
運営開始2022年2月
運営会社ThirdPlace株式会社
インターネット異性紹介事業
受理番号
三田23-069346
公式URLhttps://www.cuddle-jp.com/

【違いをチェック】ヒールメイトとカドルを8項目で比較

ここからは、ヒールメイトとカドルを8項目で比較した結果を解説します。
2つの人気アプリの違いをチェックしましょう!

特定の項目のみをチェックしたい方は下のリンクをタップすれば確認できます。

【料金】ヒールメイトの方が出費を減らせる

料金の安さに関してはヒールメイトの圧勝です。
ヒールメイトとカドルの定価はどちらも同じくらい。
でもヒールメイトには20%オフのクーポンや30%オフの招待コードがあり、カドルよりも安く使えます。

料金の違いは下の表で確認できます

課金プランヒールメイト
(30%割引価格)
カドル
1ヶ月6,860円9,980円
3ヶ月5,460円/月7,980円/月
6ヶ月4,060円/月5,980円/月
12ヶ月2,660円/月3,980円/月

仮に3ヶ月使ったとしたら、ヒールメイトの方が約7,500円もお得な計算です。

カドルを割引料金で使う方法はありません。
加えてカドルでは身バレ防止機能は有料オプションです。
身バレ防止機能が無料で使えるヒールメイトと比べると、別の出費も増えます。

なので、節約したい人やコスパを求めたい人にはヒールメイトが向きます。
以下の招待コード付きリンクからヒールメイトに会員登録し、1週間以内に課金すれば料金は30%オフになります。
お得にヒールメイトを使いたい人は下のボタンから登録してください。

すでにヒールメイトに会員登録済みの方は20%割引のクーポンコードを活用してください。
クーポンコードを使えば20%割引が適用されます。
クーポンコードの受け取り方はこちらで解説してます。

【会員数】カドルの利用者数はヒールメイトの2倍以上

カドルの累計会員数は30万人で、ヒールメイトの13万人と比べると2倍以上多いです。
なので、地方都市で出会いを探したい人はカドルを使うべきです。

2024年の段階では既婚者専用マッチングアプリは独身向けマッチングアプリよりも会員数が少なめ。
そのせいか利用者は大都市圏に集中してます。
基本的には東京・愛知・大阪・福岡など大都市圏に住んでる人や、大都市圏に会いに行ける人向きです。

カドルは既婚者マッチングアプリの中では累計会員数が第1位です。
規模的には中堅どころの独身向けマッチングアプリくらいまで成長。
2024年になっても成長スピードは衰えず、平均すると毎月1万人以上が新規登録してます。
だから、人口が少ない地域でも出会えるようになりつつあります。

下の表は既婚者マッチングアプリの累計会員数のランキングです。

順位アプリ名累計会員数運営開始日
1位Cuddle(カドル)30万人2022年2月
1位既婚者クラブ30万人2019年4月
3位ヒールメイト13万人2022年6月
4位アフターヌーン非公開(推定3〜4万人)2020年
5位マリーゴー非公開2023年3月

カドルと既婚者クラブは30万人で並んでいます。
ですが、いま現在の利用者数に関してはカドルの方が圧倒的に多いです。
ヒールメイトと比べても2倍以上の利用者がいます。

もしカドルに登録し、近所に会員が少なかったとしたら、その地域で既婚者同士が出会うのは難しいことを意味します。
そのくらいカドルの会員数の多さは抜きん出てます。
地方都市などで既婚者との出会いを探すときはカドルを使ってください。

【年齢層】20代・30代前半と出会いたいならカドル

20代・30代の既婚者と出会いたいならカドルがおすすめです。
もし、40代以上の男女と出会いたいならヒールメイトの方がおすすめです。

ヒールメイトとカドルの女性会員の年齢層データはこちら

年代ヒールメイトカドル
20代1.4%9.77%
30代27.57%44.48%
40代42.06%35.32%
50代27.57%9.88%
60代以上1.4%0.55%

既婚者マッチングアプリの利用者は30代・40代・50代がメイン。
だいたいヒールメイトのような年齢分布になります。
でもカドルは20代や30代前半の若い既婚者からも支持されてる珍しいアプリです。
これは若者から人気のスワイプ型だからでしょう。

若い既婚者と出会いたいならカドルを使ってください!

 

でも、注意して欲しいことがあります。
カドルは実際の年齢よりも低い年齢をプロフィールに登録できます。
だから実年齢よりも低く登録する人がいます。
会ったらプロフィールの年齢よりも上だった、ということがあるので注意してください。

逆に、ヒールメイトは年齢を詐称できません。
年齢詐欺に遭いたくない人にはヒールメイトがおすすめです。

【会員の特徴】恋愛本気度が高い人が多いのはヒールメイト

もし本気で恋愛できるお相手を探してるならヒールメイトがおすすめです。
なぜなら、ヒールメイトの方が真剣な恋愛を求めて登録してる既婚者が多いからです。

ヒールメイトは「癒し合える出会いをあなたに」というコンセプトで運営されてます。
具体的には体目的の利用者をどんどん強制退会するなどして、真剣な出会いが生まれる場所を作っています。
だから真面目な会員が多く、使っていてもとくに女性は恋愛目的の人が本当に多いと感じます。

カドルはセフレやワンナイト、さらにはパパ活のような関係を求める男女も少し混ざっています。
そのせいかヒールメイトと比べるとややライトな印象があります。

もちろん2つとも真剣な恋愛目的で登録する人がほとんどです。
でも平均的な本気度の高さはヒールメイトの方が上。
もし既婚者同士の純愛を求めてるならヒールメイトの方がおすすめです。

出会う相手の相手の職業や年収などにこだわりがあるならヒールメイトがおすすめです。

ヒールメイトでは検索機能を使い、以下の条件を指定して異性を検索できます。
※他にも項目はあります

  • 年齢
  • 居住地(都道府県を指定)
  • 学歴
  • 職業
  • 収入
  • 性格
  • 身長
  • お酒
  • たばこ
  • 子ども
  • 希望の関係
  • 希望の時間帯
  • ニックネーム
  • 家族との関係性(良好・不仲等)
  • 家族関係の継続(離婚検討中か等)

加えて自己紹介文を検索できる「フリー検索」の機能もあります。
個人的にはフリー検索を使うことがとても多く、同じ趣味や価値観の人を探すのに重宝してます。

ヒールメイトの会員検索画面

カドルの場合、指定できるのは基本的には年齢・居住地だけ。
あとはAI(人工知能)があなたと相性が良さそうな人を判断し、提案してくれます。
でもAIからの異性の提案の精度は高くありません。

これはカドルのAIのアルゴリズムの問題ではありません。
AIによる男女のマッチング自体とても難しいからです。
基本的には占い程度だと考えてください。
つまり、ランダムに近いです。

タバコやお酒など、絶対に指定したい条件がある場合はヒールメイトを使いましょう!

【バレにくさ】妻(夫)バレしにくいのはヒールメイト

妻(夫)にマッチングアプリを使ってるのがバレたくないなら、ヒールメイトを使うべきです!

ヒールメイトは身バレ防止機能が無料で、なおかつ充実しています。
カドルに身バレ防止機能が無い訳ではありません。
でも機能が少なく、なおかつ一番大事な非公開モードが有料です。

ヒールメイトとカドルの身バレ防止機能を比較した表はこちら

機能ヒールメイトカドル
非公開モード◯(無料)◯(有料)
写真ぼかし機能×
特定の相手のみ
写真を公開する機能

ヒールメイトなら完全無料で身バレ防止機能がすべて使えます。
妻(夫)・友達・会社の同僚などの知人にバレたくないならヒールメイトを使ってください。

【安全性】ヒールメイト・カドル両方とも業者は少ない

既婚者マッチングアプリを使う上で最も注意したい「業者」はヒールメイト・カドルどちらも少ないです。

ヒールメイト・カドルにはサクラはいません。
これは当サイトでも調査済みです。

けれど、どちらも業者はいます。
とはいえ業者がゼロのマッチングアプリはありません。
独身向けの人気マッチングアプリも業者はかなり多いです。

ヒールメイト・カドルを使っていると、たまに明らかに業者らしい会員を見つけます。
でも数日以内に強制退会になってることがほとんど。
よって安全性については両方とも同じくらい安全ですので安心してください。

【マッチング率】マッチングしやすいのはヒールメイト

男性でもマッチングが成立しやすいのはヒールメイトです。
カドルの場合、とくに年下女性を狙うとなかなかマッチングしません。
※女性会員はどちらもマッチングしやすいです

マッチングしやすさを比較するため、同じプロフィールで2つのアプリに登録し、マッチング率を調査しました。
調査結果はこちら

ヒールメイトカドル
いいね回数3030
マッチング成立した数31
マッチング成立確率10%3.3%

マッチング成立確率はヒールメイトの方が高かったです。

ヒールメイト利用者の口コミを調べると、マッチング率が10%を超えている男性はけっこう多いです。

検索型マッチングアプリでは男性のマッチング率は3%以内が平均的。
なので10%越えは非常に高い数値です。
ヒールメイトは比較的マッチングしやすいと言えそうです。

カドルに関しては利用する人によってかなりマッチング率は違います。
私の場合はマッチング率は低かったですが、以下の口コミのようにマッチング率が高い人もいます。

でもこれらの口コミから、利用者の年齢層が下がるとマッチング率が上がる傾向があることがわかりました。

たとえば、20代ならカドルを使った方がマッチング率が上がります。
40代以上ならヒールメイトを使った方がマッチング率が高いです。

このように、年齢的にマッチするアプリを使うことが大事です。
年齢に合わせて利用するマッチングアプリを変えましょう。

【体験談】筆者がヒールメイトとカドルを使って感じた3つの違い

最後にこの記事の筆者である私がヒールメイトとカドルを使って感じた違いを紹介します。
説明したように、この2つには沢山の違いがあります。
でも個人的には以下の3点がポイントかなと感じてます。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で使ったからなのか、会員数の違いはそれほど気になりませんでした

わたし個人はヒールメイトの方が向くと感じましたが、人によって向き不向きがあります。
それぞれが向くのはこんな男性だと思います。

  • ヒールメイト→30代後半・40代以上の普通の会社員の男性
  • カドル→20代後半・30代でお金と時間に余裕があって若い人妻を狙いたい男性

両方を使ってみて感じた3つの違いを解説しますね。

ヒールメイトは既婚者が欲しい機能がどんどん追加される

過去に独身向けマッチングアプリを使った経験があり、高機能なアプリに慣れてる人にはヒールメイトの方が向きます。

ヒールメイトは使える機能が本当に豊富。
しかもほとんどがオプション課金なしで使えます。
例を挙げると、以下の有料級の機能がオプション課金無しで使えます。

加えて、ヒールメイトは利用者の要望に応えて新規機能がどんどん追加されます。
新しいところだと2024年5月にプロフィール情報に「家族との仲」「家族関係の継続」の項目が追加されました。
使ってるとよくわかるのですが

(自分が配偶者と不仲だから)同じように配偶者との関係が冷めてる人と出会いたい」
「将来的に離婚を考えてる人と出会いたい」

こんな風に考えてるヒールメイト会員はけっこう多いです。
だからプロフィールの項目として追加されたのでしょう。
ヒールメイトの場合、随時このような機能追加が期待できます。

対してカドルは本当にシンプルです。
だから使いやすいとも言えますが、追加の機能追加はごくまれ。
ヒールメイトでは無料で使える非公開モードも有料なので、マッチングアプリに高機能を期待したい人にはヒールメイトの方が向きます。

関連記事 〇〇〇〇〇

ヒールメイトの割引クーポンはやっぱりお得

お金に関しては、やっぱりヒールメイトの方がお得です。
クーポンコードを使うと2つのアプリの料金の違いは歴然。

あとヒールメイトはAmazon Payで支払いできるのも良いですね。
クレカの明細から家族にバレる確率が減るので、料金や支払い関係でもやっぱりヒールメイトは優れてます。

男性同士の競争が緩やかなのはヒールメイト?

私がごく普通の男性だからなのか、カドルを使ってもなかなかマッチングしません。
カドルはヒールメイトよりも女性会員が多いです。
ですが、どうやら男性会員も多いようで女性会員には無数の男性からLikeが届いてるようです。
つまり競争率が高く、そのせいでマッチングしにくいみたいです。

ヒールメイトも競争率は高いです。
でもカドルほどではないので、私のような普通の男性でもぽつぽつマッチングが成立します。
メッセージも続きやすいので、使っていて「出会えるかも感」があるのは断然ヒールメイトです。

個人的にはヒールメイトで年上女性を狙うと高確率でマッチングしました。
足あとをつけるだけで、女性の方から「いいね」が来ることもあります。
なので、確実性を求めるならヒールメイトで年上の女性を狙うのがおすすめです。
セフレ作りなどには向きませんが、友達や恋人を作りたい人は気軽にヒールメイトに挑戦してください。

ヒールメイト・カドルが向く人
チェックリスト
サービス向く人の特徴リンク
ヒールメイト✅ 住んでる場所→人口が多い地域
✅ 年代→30代〜50代前半
✅ 恋愛本気度→高い
✅ 利用目的→真剣な出会い・友達探し
✅ 1ヶ月の課金予算→7,000円以内
詳細を見る
公式
カドル✅ 住んでる場所→地方でもOK
✅ 年代→20代後半〜40代
✅ 恋愛本気度→普通(遊びにも興味あり)
✅ 利用目的→やや軽い出会い・友達探し
✅ 1ヶ月の課金予算→8,000〜12,000円以内
詳細を見る
公式