【2023年版】既婚者向け恋愛マッチングサービスカオスマップ

【2023年版】既婚者向け恋愛マッチングサービスカオスマップ

<記事内にPR広告が含まれます>

既婚者向け恋愛マッチングサービス市場を調べたので、その流れで
「既婚者向け恋愛マッチングサービスカオスマップ」
を作成しました。

カオスマップでは既婚者向けのマッチングアプリと合コンサービスを紹介しています。
カオスマップは、正式に引用して頂ければ許可無しで使って問題ありません。
サービスの紹介等で使えそうな方は使ってください。

カオスマップの画像ダウンロードはこちらから

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

「既婚者マッチングアプリ・サイト」カテゴリの解説

現在、日本の既婚者マッチングアプリ・サイトは以下の10個です。

この中で会員数が多いのはCuddle(カドル)からafternoon.(アフターヌーン)までの4つ。
2023年12月時点の累計会員数は以下となっています。

アプリ名累計会員数
既婚者クラブ30万人
Cuddle(カドル)20万人
Healmate(ヒールメイト)6万人
afternoon.(アフターヌーン)未公開

独身者向けマッチングアプリのペアーズ(2,000万人)やタップル(1,700万人)と比較するとかなり少ないです。
でも、既婚者向けマッチングアプリはまだ成長途上。
成長スピードから予測すると、2024年中には会員数は2倍以上になると思います。

海外サービスも紹介してますが、海外は老舗のAshley Madison(アシュレイ・マディソン)が今も人気です。
2015年に個人情報流出が大問題になりましたが、それでもまだまだ利用者がいるようです。

「既婚者合コン・パーティー・飲み会」カテゴリの解説

既婚者専用の合コン・パーティー・飲み会も出会いの場として人気です。
特に以下の4つのサービスの人気が高く、既婚者からの高いニーズが伺えます。

これらのサービスは「既婚者サークル」と呼ばれることもありますが、実態としては既婚者専用の婚活パーティー情報サイトといって差し支え無いと思います。
実際のパーティーの内容も婚活パーティーと似ています。

既婚者向け恋愛マッチングサービス全体の流れ

全体としては

  • 既婚者向けマッチングアプリ
  • 既婚者合コン・パーティーサービス

このどちらも認知度・利用者が増加しています。
この背景には「婚外恋愛」「セカンドパートナー」などの言葉の普及があります。

「既婚者同士の恋愛」はこれまで「不倫」と呼ばれていました。
けれど、婚外恋愛やセカンドパートナーなどの言葉によって、よりカジュアルな関係だと認知されてる可能性があります。
これは「援助交際」が「パパ活」という言葉になった時と似た現象です。

ただ、これらの言葉が浸透するのは深いニーズがあったからです。
婚外恋愛・セカンドパートナーという言葉が浸透しつつあるのも「既婚者同士の恋愛」に深いニーズがあるからです。
今後、このニーズの受け皿になるサービスが増える可能性が高いです。