職場でセカンドパートナーを作るのは危険!やめた方が良い理由を解説

職場でセカンドパートナーを作るのは危険!やめた方が良い理由を解説

<記事内にPR広告が含まれます>

セカンドパートナーがいる既婚者に実施したアンケートでは、41.7%が職場でセカンドパートナーを作ってることがわかっています。
(参考:レゾンデートル株式会社
セカンドパートナーがいる人の5人の2人以上が職場でセカンドパートナーを作ってる計算です。

職場がセカンドパートナーを作りやすい場所なのは間違いありません。
けれど、会社の同僚・取引先をセカンドパートナーにするのは危険です。
この記事では職場でのセカンドパートナー作りが危険な理由を解説します。

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

職場でのセカンドパートナー作りはやめるべき理由

もし職場でセカンドパートナーを作れそうな瞬間や誘惑があっても、やめておきましょう。
なぜなら、以下の危険性があるからです。

それぞれ解説しますね。

バレたら社内不倫として懲罰を受ける可能性がある

もし会社内でセカンドパートナーを作ったのがバレたら「社内不倫」扱いになります。
そして、会社によっては懲罰等を受ける可能性があります。

もちろん会社によって社内不倫への対応は異なります。
社内不倫した男女の立場によっても変わります。

けれど同じ会社内での既婚者同士の不倫はかなり印象が悪いです。
運が悪ければ降格・減給等の措置を受けます。
将来の出世にも悪影響がでる可能性もあります。

会社にバレたら同じ会社に居づらくなる

同じ会社内でセカンドパートナーを作り、それがバレたら2人が同じ会社に居づらくなります。

ただ居づらいだけなら、しばらく我慢すれば良いです。
でもこれにより社内や部署内の空気が悪くなった場合は

  • 部署移動
  • 職種変更

などの措置を受けることもありえます。
※状況や会社によって対応は違います
これらの措置に耐えられない場合、退職を選ぶ男女もいるでしょう。

強制解雇(クビ)にはならない

会社内でセカンドパートナーを作ったことがバレても、強制解雇(クビ)にはなりません。
もし就業規則等で社内不倫を禁止してたとしても、会社にクビにする力はありません。
くわしく知りたい人は弁護士が解説しているこの動画をチェックしてください。

妻(夫)から「不倫相手」として疑われやすい

社内でセカンドパートナーを作ったら、妻(夫)から真っ先に同僚との関係を疑われるのでハイリスクです。

妻(夫)から見たら
セカンドパートナー=不倫
です。
そして、もし妻(夫)がセカンドパートナーの存在を嗅ぎ取ったら、まず同僚との不倫を疑います。
既婚者の不倫では職場が最も多いパターンですからね。

職場の同僚との関係は真っ先に疑われることを頭に入れておきましょう。

「共通の知人」が多いからバレやすい

職場の同僚や取引先とは「共通の知人」が多いです。
だから2人でいる所を目撃されやすいです。

もし誰かに目撃されたら、会社内に噂がすぐ広がります。
人から人に噂が広がり、妻(夫)のもとまで届く事もありえます。

仕事のパフォーマンスに悪影響を与える

もし社内にセカンドパートナーの異性がいたら仕事のパフォーマンスが落ちやすいです。
これは集中力が奪われるからです。

セカンドパートナーとはいえ、恋愛関係の男女です。
もし社内にいたら

「なんか他の男性(女性)と楽しそうに話してるな・・・」
「あの人に格好良いところをみせないと・・・」

こんな思考が浮かびやすいです。
これらの思考は集中力を奪い、仕事のパフォーマンスを落とします。

なぜ職場でセカンドパートナーを作る人が多いのか?

紹介したように、職場でセカンドパートナーを作るのは危険です。
でも、婚外恋愛中の男性の46.6%、女性の38.1%が職場で婚外恋愛相手と出会っています。

【男女別】婚外恋愛相手との出会いの場

事実として職場が最もセカンドパートナーを作りやすいのは間違いありません。
ということは、職場での婚外恋愛には何かしらのメリットがあるということです。
職場でセカンドパートナー作るメリットを4つ紹介・解説します。

相手の人柄・年収等を慎重に判断できる

職場では長い時間をかけて相手の人柄にふれることができます。
そして、相手が信頼できる人物かどうかをじっくり判断可能。
相手の収入や将来性についてもだいたいわかります。

会社の同僚は家族よりも一緒にいる時間が長いです。
早ければ就活時に知り合い、就職した後は毎日数時間を同じビル・フロアで過ごすことも。
時間があるので相手について得られる情報が多く、セカンドパートナーとしてふさわしいか判断しやすいのです。

たくさんの異性の中から良い相手を選べる

もし社員数が多く、男女比率のバランスが良い会社で働いていれば沢山の異性の中から良い人を選べます。

職場でセカンドパートナーを作るなら、以下が絶対的な条件だと考えられます。

  • 性格的に信頼できる
  • 口が固い
  • 過去に社内の他の異性と不倫をしていない

たくさんの異性の中から、これらの該当する人を選べるのが職場のメリットです。

飲み会などで勤務時間外での交流も多い

会社の同僚とは勤務時間内だけでなく、勤務時間外での交流もあります。
長時間一緒に過ごすうちにお互いに惹かれあってしまうこともあるでしょう。
もしお互いが結婚しているのに惹かれあった場合、セカンドパートナーという関係を選ぶのも普通のことです。

無料で異性と出会える

意外と大きいのは、職場なら出会いにお金がかからない点。
つまり、無料で出会えるのが職場のメリットです。

もし男性が既婚者同士が出会えるサービスを使った場合、だいたい有料です。
けれど職場ならお金が稼げて、なおかつ出会いに対してのコストは無料。
しかも大きな会社なら毎年のように新入社員が入り、なおかつ退社や中途入社で異性はどんどん入れ替わります。

バラエティに富んだ出会いが無料なのも職場のメリットです。

職場よりセカンドパートナー作りに向く場所はどこ?

職場は既婚者同士が出会えますが、危険も多いという矛盾があります。
そして、既婚者は出会いにリスクを負うべきではありません。
なので職場は既婚者同士の出会いには向きません。

セカンドパートナーを探すなら、以下の3つの項目をすべて満たす出会い方がおすすめです。

  1. 出会いのコスパが良い
  2. 妻(夫)からのバレにくい
  3. 出会っても危険な目に遭う可能性が低い

そして、この3つをすべて満たすのは「既婚者向けマッチングアプリ」です。

既婚者マッチングアプリはセカンドパートナーを作りやすい

おすすめの既婚者向けマッチングアプリは以下のリンク先で紹介しています。
安全な方法でセカンドパートナーを作りたい人はぜひチェックしてください!