セカンドパートナー作りにマッチングアプリ・出会い系アプリが向かない理由

【既婚者必見】セカンドパートナー作りにマッチングアプリ・出会い系アプリは向かない

<記事内にPR広告が含まれます>

もし既婚者がセカンドパートナーを作りたいなら、マッチングアプリや出会い系アプリはおすすめしません。
セカンドパートナー作りには向くのは既婚者専用マッチングサイトです。

理由はとてもシンプル。

  1. マッチングアプリ
  2. 出会い系アプリ
  3. 既婚者専用マッチングサイト

この3つを比較すると既婚者専用マッチングサイトが最も「既婚者同士の恋愛」に向くからです。
ポイントになるのは既婚者専用であること、恋愛目的で登録している人が多いこと。

マッチングアプリには「既婚者は使えない」という致命的な欠点があります。
出会い系アプリは「恋愛目的の既婚者が少なく、業者が多い」です。
こちらも大きな欠点です。
よってマッチングアプリ・出会い系アプリはセカンドパートナー作りには向きません。

でも既婚者専用マッチングサイトには会員数が少ないという欠点があります。
もしセカンドパートナーを作るなら、会員数が多い以下の既婚者専用マッチングサイトを使ってください。

既婚者専用マッチングサイト
おすすめ3選
サービス名特徴リンク
ヒールメイト✅ コスパ最高
✅ 真剣な恋愛を求める既婚者多数
✅ 安全が高いのも特徴
公式
カドル✅ 20代後半から30代の男女多数
✅ やや軽い出会い探しにも向く
✅ Tinderみたい使える!
公式
アフターヌーン✅ セカンドパートナー探しの穴場
✅ 無料で身バレ防止機能が使える
✅ 男女比率が良好
公式

この記事を読めば、なぜこのような結論になったかがわかります。
セカンドパートナー作りを考えている人はぜひ読んでください!

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

目次

セカンドパートナーと出会える場所とは?

セカンドパートナーと出会えるのはどんな場所でしょうか?
これに答えるには、まずセカンドパートナーとは何かを定義しなくてはなりません。

セカンドパートナーは「既婚者同士の恋愛関係」

セカンドパートナーを定義すると
「既婚者同士の恋愛関係」
となります。

大事なのは以下の2つ。

  • 既婚者同士の関係であること
  • 遊びではなく恋愛であること

セカンドパートナーはよく肉体関係の有無が話題になりますが、肉体関係は重要ではありません。
下のグラフはセカンドパートナーがいる人に肉体関係があるかをアンケート調査した結果です。
(引用元:「ふくむすび」の調査

セカンドパートナーと肉体関係がある男性・女性の割合のグラフ

ご覧の通り、肉体関係がある人・ない人の両方がいます。

つまり、セカンドパートナーは以下の2種類に分かれるのです。

  • 肉体関係があるセカンドパートナー
  • 肉体関係がないセカンドパートナー

重要なのは肉体関係よりも既婚者同士が恋愛関係かどうか。
もし恋愛関係がなかったら、その関係は「不倫」や「セフレ」になります。

恋愛を希望する既婚者同士が出会えるのはどんな場所?

セカンドパートナーの定義はお伝えした通りです。
では、恋愛を希望する既婚者同士が出会えるのはどんな場所でしょうか?

既婚者同士が出会うには以下の6項目が重要です。

  1. 身バレしにくい
  2. 会員数が多い
  3. (会員の中で)既婚者の割合が高い
  4. 恋愛目的で利用している会員が多い
  5. 利用料金が安い
  6. 業者が少ない

既婚者だから友達や会社の同僚などにバレたらまずいことになります。
既婚者の中にはお小遣い制の人もいるでしょうから、料金は安い方が良いですよね。

業者が少ない、というのも大事です。
業者とは出会い系アプリやマッチングアプリにいる、出会い以外の目的でアプリを利用している人のことです。
だいたいが詐欺が目的ですね。

既婚者の場合、セカンドパートナーを探していて業者に騙されたとしても警察等に相談しにくいと思います。
だから業者は少ないサービスを利用すべきです。

これからこの6項目を使い、セカンドパートナー作りに向く場所を探っていきます。

マッチングアプリで既婚者同士が出会うのは難しい

いまネットでの出会いはマッチングアプリが主流。
先ほど紹介した6項目を使い、マッチングアプリがセカンドパートナー作りに向くかを分析します。

先に結論をお伝えすると、マッチングアプリで既婚者同士が出会い、恋愛するのは不可能に近いです。
6項目の分析結果は以下となります

マッチングアプリの分析結果
身バレしにくさ
(写真でバレやすい)
会員数の多さ
既婚者割合の高さ×
(既婚者は全体の数%程度)
恋愛目的の会員の多さ
利用料金の安さ
業者の少なさ

身バレ防止機能はあるけど追加料金がかかる

マッチングアプリで重要なのは写真です。

マッチングアプリでは顔がうつった写真を登録しないと、特に男性はほぼマッチングしません。
だから出会うには素顔が写った顔写真が必須。
これだと既婚者の顔が無数にいるマッチングアプリ会員に晒されることになります。

マッチングアプリには「シークレットモード」という機能があります。
これは「いいね」した人やマッチングした人だけに自分のプロフィール閲覧を許可する機能。
身バレ防止にとても有効的な機能です。

でもシークレットモードはだいたい有料。
毎月の出費が増えるので、既婚者はちょっと手を出しづらいと思います。

顔写真を出さすに活動しないと出会えないので、身バレしにくさではマッチングアプリはいまいちです。

会員数は最大で2,000万人!会員数の多さは問題なし

次は会員数です。

会員数に関してはマッチングアプリはとても優秀。
日本トップクラスのマッチングアプリは累計会員数が2,000万人を突破しています。
会員数500万人以上のアプリも複数があるので、会員数についてバッチリです。

【大問題】マッチングアプリは既婚者の利用禁止

イメージと違うかもしれませんが、マッチングアプリにも既婚者はいます。
とくに男性会員は既婚者が多めですが、それでも全体の数%くらいでしょう。
女性の場合はもっと低いです。

既婚者が少ないので、マッチングアプリはセカンドパートナー作りに完全に不向きです。
独身だと偽って登録した既婚の男女が偶然マッチングすることもあるでしょうが、可能性はごくわずか。

もし既婚者がマッチングアプリに登録したとして、使っている最中に既婚者だとバレたら強制退会。
マッチングアプリで知り合いデートした相手に既婚者だとバレて、通報されても強制退会になります。

強制退会になったら課金した分のお金が無駄になります。
既婚者はマッチングアプリを使わない方が良いです。

マッチングアプリは恋愛の場として優れている

次は恋愛目的で利用している会員の多さについて。

この点については説明するまでもありませんね。
基本的にはマッチングアプリは恋活・婚活用です。
だから恋愛目的で登録している人が大半。

マッチングアプリは恋愛の場として非常に優れていると言えます。

利用料金の相場は毎月3,000円前後

料金面ではマッチングアプリは出会いの場として最高クラスのコスパです。
多くのマッチングアプリが月額課金制(サブスク)を採用しており、1ヶ月3,000〜4,000円くらいで使えるものばかり。
基本的には男性有料・女性無料です。

マッチングアプリの男性会員1ヶ月あたりの利用料金一覧

3ヶ月・6ヶ月などの長期プランで課金すれば料金はさらに安くなります。
既婚者に優しい料金設定ですね。
だから既婚者も混ざっているのでしょう。

業者は次々と入会しては強制退会になっている

最後はマッチングアプリにいる業者について。

マッチングアプリは会員数がものすごく多く、社会に対しての知識・経験が乏しい若者もたくさんいます。
そんな若者を狙いマッチングアプリは日々たくさんの業者が入会しています。
でも、運営によってどんどん強制退会になっています。

それでも業者は普通の会員を装い、マッチングアプリの会員を騙すのに成功しています。
データ等はありませんが、全体の割合としては男女ともに20人に1人くらいは業者だと考えてください。

「そんなにいるの?」

と思うかもしれませんが、これでも出会い系アプリと比べたらはるかにマシです。
なのでマッチングアプリの業者割合はかなり少なめだと言えます。

出会い系アプリは業者が多く恋愛目的の既婚者は少ない

次は、出会い系アプリがセカンドパートナー作りに向くか分析します。

こちらも先に結論をお伝えします。
出会い系アプリは会員数が多いですが、業者の割合がとても高いです。
既婚者でも使えますが、恋愛目的で使っている既婚者はとても少ないです。

よって出会い系アプリはセカンドパートナー作りには向きません。
6項目の分析結果は以下となります

出会い系アプリの分析結果
身バレしにくさ
会員数の多さ
既婚者割合の高さ
恋愛目的の会員の多さ
(恋愛目的の会員は少なめ)
利用料金の安さ
業者の少なさ×
(業者は多い)

マッチングアプリよりも身バレしにくい

まずは身バレしにくさについて。

出会い系アプリもマッチングアプリと同じで顔写真が大事。
でも顔写真なしで使っている人もたくさんいます。
これは出会い系アプリには日記や掲示板などSNS的な要素があり、外見以外にも色々な情報を相手に伝えられるからです。
これがマッチングアプリとの大きな違いです。

よって身バレしにくさはマッチングアプリよりも出会い系アプリの方が優れています。

優良出会い系アプリの会員数は人気マッチングアプリ級

次は出会い系アプリの会員数について。

優良出会い系アプリの会員数は累計で3,000万人を超えます。
アクティブユーザー数も多いので、だいたいマッチングアプリと同じくらいの会員数がいます。

よって会員数の多さは申し分ありません。

優良出会い系アプリはサクラなし

本題とは外れますが大事な情報なので補足します。
出会い系=サクラという印象がありますが、優良出会い系アプリにサクラはいません。
いま人気の出会い系アプリはサクラゼロの出会い系ばかりです。
ただ、サクラと業者は違うので注意してください。

既婚者はいるけど割合として高くない

出会い系アプリに既婚者がどれくらいの割合でいるのかは不明です。
運営会社も公表していません。

人気出会い系アプリには既婚者専用の掲示板等があり、一定数いるのは間違いありません。
でも既婚者専用掲示場に投稿する人は少なく、割合的には多くなさそうです。

出会い系アプリに恋愛目的の男女は少ない

出会い系アプリは恋愛目的の男女が少ないです。

出会い系アプリは軽い出会いを目的とする人が多いです。
例を挙げるとセフレ・ワンナイト・割り切りなどですね。
基本的には恋愛感情を絡めない出会いを求めてみんな登録しています。

私もハッピーメールという出会い系アプリで調査しました。

ハッピーメールは累計会員数が3,000万人を超える大人気出会い系アプリ。
ハッピーメールを使い、プロフィール検索で恋人探しに興味がある既婚者を検索してみると、検索結果の6割くらいは業者でした。
※正確に表現すると「業者の特徴を満たした女性」
画像はこちら

ハッピーメールの検索結果は業者が多い

この中から恋愛に興味がある人を見分けるのは困難。
業者を見分ける知識・ノウハウがある人以外は近づかない方が良いと思います。

【男性のみ】ゆっくりメッセージ交換すると出費が増える

次は出会い系アプリの料金について。

出会い系アプリはマッチングアプリと違い、前払いポイント制。
前払いでポイントを購入し、プロフィール閲覧やメールを送信するとポイントが減っていくタイプです。
メールを1通送ると男性は50円分くらいのポイントを消費します。
※女性は無料

いっけんコスパが良いように見えますが、この方法だとじっくりメッセージ交換しにくくなります。
既婚者同士が出会うときはメッセージを重ね、相手を慎重に選ぶべきです。
出会い系アプリのこの仕組みは既婚者にはやや不向きかもしれません。

【致命的】出会い系アプリは業者の割合が高い

最後は出会い系アプリの業者について。
はっきり言って出会い系アプリは業者の割合が高いです。

業者にも色々な種類がありますが出会い系アプリいる業者は多彩。
例を挙げると、以下の目的で登録している業者がたくさんいます。

  • パパ活
  • 援助交際・売春
  • 割り切り
  • 美人局・恐喝
  • ぼったくり
  • 勧誘
  • 詐欺サイト誘導
  • 個人情報収集
  • キャッシュバッカー

マッチングアプリは勧誘・詐欺系の業者がメイン。
出会い系アプリにはパパ活や個人で活動する非合法な風俗嬢など、アダルト系業者も加わります。

これにより業者の人数は一気に増加。
普通の会員を探すだけでひと苦労、といった状況です。

既婚者専用マッチングサイトは恋愛目的の既婚者ばかり!

お待たせしました。
3つ目は既婚者専用マッチングサイトの分析です。

もちろん既婚者専用マッチングサイトにも欠点はあります。
でも、セカンドパートナー作りには最も向いています。

分析結果はこちら

既婚者専用マッチングサイトの分析結果
身バレしにくさ
(写真はぼかしを入れる)
会員数の多さ
既婚者割合の高さ
恋愛目的の会員の多さ
利用料金の安さ
業者の少なさ

写真にぼかしを入れるのが普通!身バレ防止機能が充実

既婚者専用マッチングサイトは身バレ防止機能が充実しています。

まず挙げられるのは写真に「ぼかし」を入れる機能。
既婚者専用マッチングサイトの多くはマイページから簡単にぼかしを入れられます。
下の画像は既婚者専用マッチングサイトとして人気のヒールメイトの写真ぼかし機能。
スライドでぼかしの濃さを調整できて、とても簡単です。

ヒールメイトで写真にぼかしを入れている画面

既婚者専用マッチングサイトでは、ほとんどの会員が写真にぼかしを入れています。
だから身バレしにくい、というメリットがあります。

他にもプロフィールを非公開にできるシークレットモードも搭載。
サイトによっては完全無料でシークレットモードが使えるので、既婚者のプライバシーに配慮されています。

アプリではなくサイトなのも重要な要素

既婚者専用マッチングサイトにはアプリ版がありません。
これは、スマホのホーム画面のアイコンで家族や友達にバレないようにするためです。
マッチング等の通知がスマホに表示されることもないので、サイトの方が安全性が高くなります。

会員数が少なさは既婚者専用マッチングサイトの欠点

男女が出会うサービスでは会員数の多さが重要。
でも既婚者専用マッチングサイトの会員数は少なめです。

人気マッチングアプリのペアーズは累計会員数2,000万人。
人気出会い系アプリのハッピーメールの累計会員数は3,000万人。

これに対して最も会員数が多い既婚者専用マッチングサイトの「既婚者クラブ」の会員数は30万人。
以下の表は会員数が多い既婚者専用サイトのトップ3です。

順位マッチングサイト名累計会員数
1位既婚者クラブ30万人
2位Cuddle(カドル)20万人
3位ヒールメイト8万人

このように、会員数の面ではまだまだ。
よって人口が多い大都市圏で会える人以外にはおすすめできません。

とはいえ既婚者専用マッチングサイトの会員数はいま急速に増えています。
無料で会員登録できるので、興味がある人は登録し、近くに会員がいないかチェックしてください。

累計会員数は運営期間が長い方が有利

先ほど紹介したカドルの会員数は20万人、ペアーズは2,000万人です。
じゃあペアーズの会員がカドルの100倍以上多いかというと、そんなことはありません。
なぜなら公式発表の会員数は累計会員数だから。
累計会員数は運営期間が長い方が有利です。
ペアーズは2012年、カドルは2022年に運営を開始しています。
おそらく、この2つのサービスのアクティブユーザー数は10倍〜20倍くらいの差しかないと思います。

専用マッチングサイトの既婚者率は推定90%以上

既婚者専用マッチングサイトを使えるのは既婚者のみ。
でも登録にあたり既婚者であることを証明する書類等の提出は不要です。
独身専用のマッチングアプリに数%の既婚者が混ざっているように、既婚者専用サイトにも数%の独身者が混ざっているはずです。

もし既婚者専用マッチングサイトに独身が混ざっていても、他の会員に通報されたらすぐ強制退会になります。
だから既婚者だと偽り続けることは難しいです。
よって既婚者専用マッチングサイトの90%以上は既婚者だと思います。

専用サイトはセカンドパートナー作りが目的の男女が多数

既婚者専用マッチングサイト利用者の目的は大半がセカンドパートナー作り。
だから恋愛目的の人が多数、ということになります。

雰囲気は普通の恋活マッチングアプリと同じくらいだと考えてください。
みんな恋愛目的で利用しているのでクリーン。
そして治安がとても良いのが特徴です。

料金は高め!1ヶ月の出費はマッチングアプリの約2倍

既婚者専用マッチングサイトの料金は高いです。
これは利用者にとって明らかな欠点です。

既婚者専用マッチングサイトは、1ヶ月だけの課金だと5,000〜10,000円が相場です。
普通のマッチングアプリの2倍以上ですね。

以下は人気サイトの料金一覧です

プランヒールメイトカドル既婚者クラブ
1ヶ月9,800円9,980円6,578円
3ヶ月7,800円/月7,980円/月5,478円/月
6ヶ月5,800円/月5,980円/月プラン無し
12ヶ月3,800円/月3,980円/月プラン無し
割引
クーポン
有り
(最大20%オフ)
無し無し

表にもありますが、サイトによってはクーポン等を使って料金を安くできます。
見た目の料金に騙されないようにしてください。

業者は少ないけど今後増える可能性あり

最後は既婚者専用マッチングサイトの業者について。
今のところ業者の数・割合ともに少ないです。
でも、今後増える可能性がとても高いです。

既婚者専用マッチングサイトに業者が少ないのは、おそらくまだ会員数が少ないから。
これから会員数が増えれば業者も増加します。

そういった意味では業者が少ない今がチャンスなのかもしれません。
セカンドパートナーを作りたい人は登録してみてください。

【結論】比較すると既婚者専用マッチングサイトがおすすめ

  1. マッチングアプリ
  2. 出会い系アプリ
  3. 既婚者専用マッチングサイト

この3つのサービスで6つの項目を分析しました。
結果を表にします

項目マッチング
アプリ
出会い系
アプリ
既婚者専用
マッチングサイト
身バレしにくさ
会員数の多さ
既婚者割合の高さ×
恋愛目的の
会員の多さ
利用料金の安さ
業者の少なさ×

マッチングアプリには「既婚者は使えない」という致命的な欠点があります。
出会い系アプリには恋愛目的の既婚者が少なく、業者が多いという欠点があります。
よって、どちらもセカンドパートナー作りには向きません。

3つのサービスのターゲット、狙う市場の違いを図にしました。

セカンドパートナー専用サイトと出会い系アプリ・マッチングアプリの棲み分けを整理した図解画像

このような違いがあります。
もし既婚者がセカンドパートナーを作りたいなら、ぜひ既婚者専用マッチングサイトを使ってください。
一番効率的です。

既婚者専用マッチングサイト
おすすめ3選
サービス名特徴リンク
ヒールメイト✅ コスパ最高
✅ 真剣な恋愛を求める既婚者多数
✅ 安全が高いのも特徴
公式
カドル✅ 20代後半から30代の男女多数
✅ やや軽い出会い探しにも向く
✅ Tinderみたい使える!
公式
アフターヌーン✅ セカンドパートナー探しの穴場
✅ 無料で身バレ防止機能が使える
✅ 男女比率が良好
公式