【2024年2月】既婚者向けマッチングアプリおすすめ4選【徹底比較】

既婚者向けマッチングアプリおすすめ4選【徹底比較】

<記事内にPR広告が含まれます>

既婚者向けマッチングアプリにいる男女は真剣な出会い目的の人ばかり。
だから既婚者同士が出会い、独身時代みたいに恋愛できます!

この記事では、おすすめの既婚者向けマッチングアプリを紹介します。
会員数・年齢層や料金の比較もあるので、あなたに合うアプリを見つけてください!

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

【結論】おすすめ既婚者マッチングアプリベスト4

「早く既婚者が出会えるアプリを知りたい!」という人向けに、4つのおすすめ既婚者向けマッチングアプリを紹介します。

どれも既婚者向けマッチングアプリとしては会員数が多く、無料で会員登録できます。
まずは登録して、近くにいる会員をチェックしましょう!

既婚者向けマッチングアプリベスト4

  1. ヒールメイト:39秒に1組がマッチング!恋愛したい人には最高のアプリ
  2. カドル:20代30代が多い!やや軽い出会いを求める既婚者向き
  3. 既婚者クラブ:累計会員数第1位!初心者におすすめ
  4. アフターヌーン:穴場的なアプリ!友達探し向き

既婚者向けマッチングアプリベスト4

既婚者向けマッチングアプリ比較ランキング

既婚者向けマッチングアプリを一覧で比較できるランキングを作成しました。

順位総合評価会員数おすすめ年齢層
【1位】
ヒールメイト
90点8万人30~55歳
【2位】
カドル
88点20万人25~45歳
【3位】
既婚者クラブ
81点30万人30~50歳
【4位】
アフターヌーン
69点非公開30~50歳
【圏外】
Sepa
非公開
【圏外
オーブンズ
非公開
【圏外】
ハッピーソウル
非公開
【圏外】
マリッドサークル
非公開
【圏外】
既婚者マッチングStyle
非公開
【圏外】
マリーゴー
非公開

既婚者向けマッチングアプリの分布図

全部で10個ありますが、おすすめできるのは4つだけ。
なぜなら残りの6つは

  • 会員数が少なすぎる
  • 運営会社の記載や企業ホームページが無く信頼性が低い

この両方に該当し、セカンドパートナー作りに成功する確率は低いからです。

4つのおすすめアプリを詳しく解説します!

1位:Healmate(ヒールメイト)

ヒールメイト

ヒールメイトのおすすめポイント
  • 会員数が急増加中!真剣な恋愛目的の女性が多い!
  • クーポン活用等でお得に使える!
  • 無料の「非公開モード」で身バレ確率が激減!
正式名称Healmate(ヒールメイト)
累計会員数8万人
主な年齢層30代〜50代(最も多いのは40代)
料金男性のみ有料:1ヶ月9,800円
(最安値:1ヶ月3,800円)
料金割引クーポンあり
シークレットモードあり(無料)
運営開始2022年6月
運営会社レゾンデートル株式会社
インターネット異性紹介事業
受理番号
30220008-000
公式URLhttps://healmate.jp/

ヒールメイトは歴史は浅く、まだ会員数は8万人ですが素晴らしいスピードで増加中。
会員同士は39秒に1組がマッチング成立しており、今も急成長しています。

ヒールメイトの最大の特徴は「真剣な利用者の多さ」。
既婚者専用サービスなのに、使ってる感覚は独身向け恋活マッチングアプリのよう。
それくらい真面目な会員が多いです。

コスパの良さも特徴の1つ。
長期プラン割引やクーポン等の活用で定価よりも安い料金で使えて、お小遣い制の男性の懐に優しいです。

トータルで見ると、ヒールメイトが向くのは以下に該当する人です

ヒールメイトがおすすめな人
  • 本気で既婚者同士の恋愛をしたい人
  • 人口が多い大都市圏で出会える人
  • コスパにこだわってセカンドパートナーを作りたい人

ヒールメイトがコスパ最高な理由

ヒールメイトはお金を節約してセカンドパートナーを作りたい人におすすめです。

なぜなら

  • 料金が30%オフになる招待コード
  • 料金が20%オフになるクーポンコード(招待コードとの併用は不可)
  • その他お得なキャンペーン

などにより、定価よりもかなり安く使えるからです。
参考までに30%オフの料金表を貼っておきますね

30%オフになった時のヒールメイトの料金が確認できる表

ただ、招待コードとクーポンコードの併用は不可です。
招待コードから登録したい人はこちらから登録可能です。
※割引の有効期間は会員登録から1週間

クーポンコードを使って割引にしたい人はこちらから会員登録して、運営からクーポンコード付きのメールが届くのを待ちましょう。

「非公開モード」が無料なのも大きな特徴

ヒールメイトは他の会員からプロフィールを非表示にできる「非公開モード」が無料で使えます。
ほとんどのマッチングアプリでこの機能は有料。
既婚者の出会いには重要な機能ですので、ぜひ使ってください。

迷ってる人は掲示板をチェック

もしヒールメイトの利用を迷っているなら掲示板をチェックしてください。

掲示板はヒールメイトの大人気機能。
ヒールメイト会員の既婚者たちが

  • セカンドパートナー作りの本音・悩み
  • ヒールメイトの体験談

などを投稿して盛り上がっています。
※出会いの募集はできません

なかなか公開されない婚外恋愛の本音が投稿されているので参考になるはずです。
掲示板は無料会員でも閲覧可能。
婚外恋愛経験者の赤裸々な本音を知りたい人はぜひ読んでください。

ヒールメイトの掲示板のスクリーンショット

良い口コミ

ここからはヒールメイト会員による口コミ・体験談を紹介します。

ヒールメイトに関する口コミを調査していると、かなり多いのが
「ヒールメイトを使って出会えた!」
という口コミ。
ヒールメイトを使って出会いを見つけた人の口コミを紹介します!

定期的にヒールメイトの口コミを調べていると、このような良い口コミを見る頻度が増えていると感じます。
口コミを見て会員登録する人もいるでしょうから、これからもヒールメイトの成長は期待できそうですね!

>>ヒールメイトに無料登録する

悪い口コミ

ヒールメイトに対する悪い口コミも紹介します。

やはり多いのは「会員数の少なさ」に関するもの。
増えているとはいえ、会員数8万人では東京や大阪・名古屋をはじめとした大都市圏以外では厳しそうです。

「年齢層が高い」という口コミもちらほら。
ヒールメイトで最も多いのは40代。
あとは30代・50代が多いです。
なので20代の若い会員は

「オジさんばかりでときめかない」
「オバさんからいいねもらってもなあ・・」

こんな風に感じるようです。

2位:Cuddle(カドル)

Cuddle(カドル)

カドルのおすすめポイント
  • 既婚者マッチングアプリでは20代割合がトップ!
  • 「スワイプ型」だからマッチングが成立しやすい
  • 写真の限定公開機能が便利!
正式名称Cuddle(カドル)
累計会員数20万人
主な年齢層20代〜40代(最も多いのは30代)
料金男性のみ有料:1ヶ月9,980円
(最安値:1ヶ月3,980円)
料金割引クーポンなし
シークレットモードあり(有料)
運営開始2022年2月
運営会社ThirdPlace株式会社
インターネット異性紹介事業
受理番号
三田23-069346
公式URLhttps://www.cuddle-jp.com/

Cuddle(カドル)は人気マッチングアプリのTinder・タップルみたいな「スワイプ型」のアプリ。
写真を見てどんどんスワイプしていくタイプですね。
20代・30代前半の若い既婚者から人気で、20代のセカンドパートナー探しならカドル一択という状態になっています。

マッチングが成立しやすいのがカドルの特徴です。
男性・女性の両方とも写真だけ見て「LIKE(いいね)」する人の割合が多いので、会員登録後すぐにマッチングが成立します。
ただ、その代わりにメッセージの返信が来にくいのがデメリット。
だから一通目のメッセージ送信で工夫が必要です。

カドルがおすすめな人
  • 20代・30代前半のセカンドパートナーを作りたい人
  • マッチングしたら早く出会いたい人
  • ギャルやおしゃれな女性が好きな人

20代の既婚者の利用率はダントツ1位

既婚者マッチングアプリの主な利用者は30代〜50代。
でも20代の既婚者も恋愛したいという願望はあります。
その受け皿になってるのがカドルです。

マッチングアプリの中でも特に若い世代から人気があるTinder・タップルと使い方が同じ、というのがポイントです。
なので恋愛したい20代既婚者からの支持はダントツ1位。
20代や30代の既婚者と出会いたい人はカドルを使いましょう。

>>カドル公式アプリへ

「ギャラリー」の公開機能が便利

カドルには「ギャラリー」という機能があります。
ギャラリーは相手を指定して自分の写真を公開できる機能。

ギャラリーを使えば

  1. カドルのプロフィールには身バレしにく写真を登録
  2. ギャラリーには顔が良く見える写真を登録
  3. マッチング成立
  4. メッセージ交換して問題無さそうな人にはギャラリー公開

このように、スムーズにお互いのぼかし無しの写真を交換できます。

カドルの女性会員にギャラリーを公開する方法

わざわざLINEやメールでお互いの写真を交換するのは面倒ですよね。
ギャラリーを活用すれば手間を減らせます!

良い口コミ

カドル会員は容姿・中身ともにレベルが高いという口コミがあります。

既婚者マッチングアプリでは写真に「ぼかし」を入れるのは当然のこと。
素顔を晒したら家族や友達にバレる確率が上がりますからね。
でもカドルには写真にぼかしを入れない人がけっこう多いです。

これは容姿で勝負する人が多いからかもしれません。
外見レベルが高い既婚者を探したい人とカドルは相性が良さそうですね!

悪い口コミ

次はカドルの悪い口コミを紹介します。

どのマッチングアプリにも会員を騙すために登録している「業者」がいます。
もちろんカドルにも業者が混ざってます。

先ほど紹介したヒールメイトと比較すると、カドルは業者に関する口コミが多め。
若い利用者の方が騙しやすいので、カドルは業者が多いのかもしれません。

さいきん増えてるのが9月21日に実施された、有料プランサービス改定についての口コミ。
具体的には「改悪だ」という声が多いです。

というのも、Cuddle GOLDという最も安い有料プランに加入しても自分に対して「LIKE」した人が確認できなくなったからです。
同じ料金なのに出来ることが減るわけですから「改悪」と言われても仕方ありません。

3位:既婚者クラブ

既婚者クラブ

既婚者クラブのおすすめポイント
  • 累計会員数は既婚者マッチングアプリではトップの30万人!
  • 1ヶ月プランでも料金が安い!
  • 業界トップの歴史と実績!
正式名称既婚者クラブ
累計会員数30万人
主な年齢層30代・40代
料金男性のみ有料:1ヶ月6,578円
(最安値:1ヶ月5,478円)
料金割引クーポンなし
シークレットモードなし
運営開始2019年4月
運営会社株式会社リンクス
インターネット異性紹介事業
受理番号
30190074000
公式URLhttps://kikonclub.com/

既婚者クラブは2019年から運営を開始した、歴史のある既婚者向けマッチングアプリ。
カドルとヒールメイトは2022年からですから、既婚者クラブはもはや老舗と呼べる存在です。

正直デザインや使い勝手はイマイチですが、集客力が高く会員数も順調に増えています。
特にWEBでのプロモーションやSEO対策に成功しており、セカンドパートナー作りのモチベーションが高い男女が日々入会中。

1ヶ月だけの課金でも料金が安いですので、初めて使う既婚者マッチングアプリとして優れています。

既婚者クラブがおすすめな人
  • 人口が少ない地域に住んでいる人
  • 1ヶ月だけに限定してアプリを使ってみたい人
  • セカンドパートナーを作りたい女性(とにかくモテるから)
利用者は「既クラ」と省略して呼ぶことが多い

既婚者クラブの利用者は既婚者クラブを「既クラ」と短くして呼ぶことも多いです。
SNSで口コミや体験談を探すときは「既婚者クラブ」だけでなく「既クラ」でも検索してみてください。

良い口コミ

やはりセカンドパートナー作りの老舗であり定番でもあるので「既婚者クラブで出会えた!」という口コミは多数投稿されています。

「マッチングし過ぎた!」なんて羨ましい投稿もあります。

やはり安定して新規入会する男女がいるので、出会いに確実性がありそうですね。

悪い口コミ

次はネガティブな口コミを紹介します。

利用者が多いせいか「業者がいる」という口コミがあります。
既婚者クラブは会員数が多いので業者の侵入しやすいのかもしれません。
使うときは注意しましょう。

最近見かけるようになったのが男女比率の歪みに関する口コミ。
既婚者クラブの男女比率は公開されていませんが女性優位に傾いてるようです。

4位:afternoon.(アフターヌーン)

afternoon.(アフターヌーン)

アフターヌーンのおすすめポイント
  • 3強の影に隠れがちだけど利用者は意外と多い
  • 趣味友・飲み友を探してる女性割合が約5割
正式名称afternoon.(アフターヌーン)
累計会員数非公開
主な年齢層30代・40代・50代
料金男性のみ有料:1ヶ月9,800円
(最安値:1ヶ月3,800円)
料金割引クーポンなし
シークレットモードなし
運営開始2020年
運営会社株式会社アフターヌーン
インターネット異性紹介事業
受理番号
3019-0063-000
公式URLhttps://www.after-noon.jp/

afternoon.(アフターヌーン)は穴場的なアプリです。
ヒールメイト・カドル・既婚者クラブの3強の影に隠れて目立ちませんが、40代を中心に利用者は意外と多いです。

アフターヌーンの女性会員の半分が趣味友・飲み友を探しています。
なのでセカンドパートナーというよりは趣味友・飲み友探しに向きます。

ただ、3強と比較すると累計会員数・アクティブユーザー数ともに少なめ。
大都市に住んでる人や行ける人以外には向きません。

アフターヌーンがおすすめな人
  • 大都市に住んでいる人
  • 女性の趣味友・飲み友を作りたい男性

利用者の口コミ

アフターヌーン利用者の口コミを紹介します。

良い口コミ、悪い口コミの両方がありますが、全体的に口コミが少なめ。
以前と比べると口コミ自体を見ることが減ってるので、利用者数も減ってる可能性があります。

既婚者向けマッチングアプリを4項目で比較

既婚者向けマッチングアプリを以下の4項目で比較します。
もし気になる項目があったらリンクをタップしてチェックしてください!

会員数

既婚者向けマッチングアプリは会員数が少ないので、基本的には以下のどれかに該当する人に向きます。

  • 大都市圏に住んでいる
  • 大都市圏の近くに住んでいる
  • 仕事や用事で大都市圏に行く

以下は既婚者向けマッチングアプリの累計会員数ランキングです
※上位4つだけのランキング

順位マッチングアプリ名累計会員数
1位既婚者クラブ30万人
2位Cuddle(カドル)20万人
3位ヒールメイト8万人
4位Afternoon.非公開

このように、累計会員数を公開してるのは3つのみ。

4位以下の会員数非公開のアプリの方が実は利用者が多かった、なんてことはありません。
使ってみるとやはりこの3アプリの会員数がダントツです。
なので、地方で出会うなら既婚者クラブ・カドル・ヒールメイトがおすすめです。

「会える範囲に会員はどれくらいいるかな?」
という疑問を持っている人は、下の流れを参考にして無料登録してチェックしてください。

近くにいる女性会員を探す流れ

  1. 会員数上位の3アプリに無料会員登録
  2. 女性会員を検索
  3. たくさんヒットしたら年齢等の条件を指定して再び検索
  4. もし気になる女性がいたら、自身の本人確認を完了させる
  5. 気になる女性に「いいね」

料金

4つのおすすめ既婚者向けマッチングアプリの料金を比較します。

プランヒールメイトカドル既婚者クラブアフターヌーン
1ヶ月9,800円9,980円6,578円9,800円
3ヶ月7,800円/月7,980円/月5,478円/月7,800円/月
6ヶ月5,800円/月5,980円/月プラン無し5,800円/月
12ヶ月3,800円/月3,980円/月プラン無し3,800円/月
割引有り
(最大30%オフ)
無し無し無し

3ヶ月プランまでなら、最も安いのは既婚者クラブ。
他の3つはだいたい同じですね。

でもヒールメイトには招待コードがあります。
招待コードを使えば定価から30%オフで使えて、コスパ的にはナンバーワン。
お得にセカンドパートナーを作るならヒールメイトがおすすめです。

>>ヒールメイトに無料登録

年齢層

次は年齢層で既婚者向けマッチングアプリを比較します。
結果はこちら

カドル20代〜40代
ヒールメイト30代〜50代(最も多いのは40代)
既婚者クラブ30代・40代
アフターヌーン30代〜50代

ヒールメイトも既婚者クラブも20代会員はいます。
でもどちらも割合は数パーセント。
でもカドルなら20代が20パーセント以上を占めるので、20代の既婚者と出会いたいならカドルがおすすめです。

>>カドル公式アプリへ

安全性

既婚者がセカンドパートナーを作るとき、絶対に避けたいのは奥さん(夫)にバレることです。
そのためにはアプリを使っていることが

  • 家族
  • 親戚
  • 友達
  • 同僚
  • 知人

などにバレないことが大事。
つまり「身バレ」しないことが重要なのです。

アプリで身バレを防ぐには

  1. 写真ぼかし機能
  2. シークレットモード

この2つの機能を使うべきです。

「写真ぼかし機能」はマッチングアプリにアップロードしたプロフィール写真にぼかしを入れられる機能。
「シークレットモード」はいいねした相手以外にはプロフィールを非表示にする機能です。
シークレットモードの仕組みは下の図を参考にしてください。

カドルのシークレットモードの図解

2つの機能の有無は以下の表で比較・確認できます

機能ヒールメイトカドル既婚者クラブアフターヌーン
写真ぼかし機能ありなしありなし
シークレット
モード
あり(無料)
名称は非公開モード
あり(有料)なしあり(無料)
名称は非公開モード

ヒールメイトならお金をかけずに身バレを防げます。
写真ぼかし機能も、非公開モードもマイページから簡単に設定可能。
ヒールメイトに登録した場合はぜひ活用してください。

>>ヒールメイトに無料登録

既婚者マッチングアプリの基礎知識

既婚者向けマッチングアプリの歴史は浅いので、既婚者マッチングアプリについて簡単に説明します。

独身向けマッチングアプリとの違い

既婚者向けマッチングアプリと独身者向けマッチングアプリの主な違いは以下の3点です。

  1. 基本的には使ってるのは既婚者のみ
  2. 会員数が少なめ
  3. 利用料金が少し高い

既婚者向けマッチングアプリは既婚者しか使えません。
なので、会員数が少なめです。

料金が独身者向けマッチングアプリよりも高いのは会員数が少ないからだと言われています。
でも、現在会員数が急増中。
料金はこれから下がるかもしれませんね。

利用目的は「セカンドパートナー作り」が多い

既婚者向けマッチングアプリは「既婚者同士の恋愛」、つまりセカンドパートナー作りが目的の人が多いです。

独身者向けマッチングアプリや出会い系アプリでは既婚者同士が出会い、恋愛するのは難しいです。
でも恋愛したい既婚者はたくさんいます。
このニーズの受け皿になってるのが既婚者向けマッチングアプリです。

既婚者専用マッチングアプリと独身専用マッチングアプリ・出会い系アプリの違い

恋愛以外だと、異性の趣味友・飲み友探しに使っている人も多いです。
なので異性の友達が欲しい人にもおすすめです。

既婚者マッチングアプリのメリット・デメリット

既婚者向けマッチングアプリのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

4つのメリット

まずはメリットから解説します。

既婚者同士で婚外恋愛しやすい

既婚者向けマッチングアプリは既婚者専用。
もし運営会社が独身の男女を見つけたら、すぐに強制退会してくれます。
だから既婚者同士で婚外恋愛する相手を探しやすいです。

でも、既婚者向けマッチングアプリに独身者が混ざってることもあります。
なぜなら既婚かどうかは自己申告だから。
もしアプリ内で知り合った相手と親しくなったら、念のために既婚者であることを確認しましょう。

利用者を騙す業者の割合・数が少ない

既婚者向けマッチングアプリには会員を騙す「業者」が少ないです。

なぜなら、既婚者向けマッチングアプリには以下の特徴があるからです。

  • 「既婚者同士の恋愛」に特化したサービスだから会員数が多くない
  • 知識・経験が豊富な30代・40代が多く、騙しにくい

要は騙そうとしても効率が悪いのですね。
だから業者が少なく、安心して利用できます。

業者がいない訳ではない

人と人が出会うサービスでは、運営会社がいくら監視体制を厳しくしても業者をゼロにすることはできません。
業者と遭遇する確率は低いですが、出会った相手が信頼できる人かどうかわかるまでは警戒してください。

プロフィールに既婚者が欲しい情報が掲載されてる

既婚者向けマッチングアプリはプロフィールの項目が既婚者同士の出会い向けになっています。

具体的には

  • どんな関係性を希望するか
  • 会える曜日・時間帯

などの情報を登録したり、閲覧できます。

これにより目的が一致する人や、出会える日時が同じ人を探しやすくなります。

「身バレ対策」できる機能がある

既婚者向けマッチングアプリは身バレ対策向けの機能が充実しています。

具体的には

  • 写真にぼかしを入れる機能
  • プロフィールを非公開にする機能

などがあり、既婚者が使っても妻(夫)や知り合いにバレにくいようになっています。

たとえばヒールメイトでは、ほぼすべての会員が自分の意思で写真にぼかしを入れてます。

これにより、外見で判断されにくくなる、というメリットもあります。
一部の美男・美女に「いいね」が偏らず、中身を見てもらえやすくなります。

だから、普通のマッチングアプリと比べると外見よりもメッセージ交換の比重が高くなります。
セカンドパートナー作りではメッセージ、つまり文章で相手に自分の人柄や中身を上手に伝えられる人は間違いなく有利です。

3つのデメリット

既婚者向けマッチングアプリの3つのデメリットを解説します。

会員数が少なく大都市周辺でしか出会えない

既婚者向けマッチングアプリは

  • 既婚者同士の恋愛に特化している
  • 運営開始から1〜2年のアプリが多い

などの理由により、会員数が少なめです。
だから大都市やその周辺都市に住んでいたり、または出張や旅行で人口が多い地域によく行く人以外にはおすすめできません。

具体例を挙げると、業界第1位の既婚者クラブの会員数は30万人。
第2位のカドルの会員数は20万人。

これに対して、人気マッチングアプリのペアーズは累計会員数2,000万人。
人気出会い系アプリのハッピーメールは3,000万人です。

運営期間が違うので比較は難しいですが、既婚者向けマッチングアプリはまだまだ発展途上。
現段階では人口が多い地域に住んでたり、移動できる人以外は出会える確率が低いです。

1ヶ月の料金が6,000〜10,000円でやや高め

既婚者向けマッチングアプリは独身向けマッチングアプリよりも料金が高めです。

既婚者向けマッチングアプリは男性有料・女性無料が基本。
男性も無料で使えるような仕組みは無く、1ヶ月だけの課金だと6,000〜10,000円くらいの料金がかかります。

もしセカンドパートナー作りに成功したら、男性はデート代を負担することが多いです。
なので、毎月1万円くらいの支出を覚悟しなくてはなりません。

人気マッチングアプリと比べるとセキュリティ面が弱い

もし既婚者マッチングアプリに登録後、個人情報が流出したら怖いですよね。
もちろん運営会社は個人情報保護に努めています。
けれど、人気マッチングアプリが取得しているような

  • TRUSTe認証
  • IMS認証

などの情報セキュリティに関する認証を得ている会社はありません。
これらの認証を得ていると、アプリ内に以下のマークが記載されます

TRUSTe認証とIMS認証のマーク画像

よってセキリュティ面ではやや信頼性に欠けます。

今のところ個人情報流出等の事故・事件は起きていませんが、このようなデメリットがあることは理解しておいてください。

アプリで妻(夫)バレを予防するテクニック

既婚者向けマッチングアプリで、妻(夫)や友達・同僚からバレる確率を減らすテクニックを紹介します。
これらの方法で身バレを予防してください!

シークレットモードを使う

最もおすすめなのが「シークレットモード」の利用。
すでに説明したので詳細は語りませんが、これを使えば身バレ確率が激減します。

おすすめアプリでシークレットモードがあるのはヒールメイトカドルアフターヌーンの3つ。
ただ

  • ヒールメイト・アフターヌーン→無料でシークレットモードが使える
  • カドル→シークレットモードは有料

という違いがあります。
※ヒールメイト・アフターヌーンでは「非公開モード」という名称

気軽に使えるはヒールメイトとアフターヌーンだと思います。
コスパを気にする人はこの2つの利用がおすすめです。

写真のぼかしを強めにする

プロフィール写真のぼかしを強くする、という方法も効果的です。

ただ、男性の場合は女性よりもぼかしを薄くする人が多いです。
だからぼかしが強いと「いいね」がもらえにくくなる、というデメリットがあります。
バランスが難しいですが、ぼかしの強さで

  • いいねをもらえる回数
  • マッチング成立確率

などがどう変わるか確認してみるのがおすすめです。

サイト内に写真にぼかしを入れる機能があるのはヒールメイト既婚者クラブ
アプリを使って写真を加工するのが面倒な人はこの2つがおすすめです。

下の画像はヒールメイトの機能を使ってぼかしを入れてる画面です。
左右にスライドするだけでぼかしの濃さを調整できます

ヒールメイトで写真にぼかしを入れている画面

料金の支払いはAmazon Pay

クレジットカードの明細で奥さんに悪事がバレることは意外と多いです。
これを防ぐには、支払い方法でAmazon Payを選択するのがおすすめ。

Amazon Payならクレカ明細は「AMZ*HLMT」というわかりにくい表記。
そもそもAmazon Payでマッチングアプリの決済ができることを知らない人も多いので、これならバレにくいです。