妻(夫)・知り合いからバレずに既婚者マッチングアプリを使う方法を解説

妻(夫)・知り合いからバレずに既婚者マッチングアプリを使う方法を解説

<記事内にPR広告が含まれます>

既婚者が出会いを求めてマッチングアプリを使うのは普通のことです。
でも、ペアーズ・タップル・withのような独身向けアプリは使うべきではありません。
会員登録できても、けっきょく既婚者だとバレて強制退会になるからです。

既婚者が使うべきなのは、既婚者だけが使える「既婚者専用マッチングアプリ」です。
なぜなら、既婚者専用マッチングアプリは既婚者のプライバシーを守るための身バレ防止機能が用意されてるからです。
だからアプリの機能を活用すれば家族や知り合いにバレにくいです。

といっても不安な人が多いでしょうから、この記事では奥さん(夫)・友達・知り合いからバレずに既婚者マッチングアプリを使う方法を解説します。
アプリ登録から出会うまでの流れに沿って解説するので、使っていて不安を感じた時は都度チェックしてください。

先に結論を言うと、バレるのを防ぐには身バレ防止機能が充実した既婚者専用マッチングアプリを使うこと大事です。
そして身バレ防止機能が充実してるのは以下のアプリです。
それぞれのアプリの身バレ防止機能をフル活用し、安全に出会ってください。

嫁(夫)・知り合いにバレにくい
既婚者マッチングアプリ3選
アプリ名特徴リンク
ヒールメイト最も妻(夫)からバレにくいアプリ
✅ 身バレ防止機能が追加料金無しで使える!
✅ 写真ぼかし機能も有り
✅ コスパ最高!
公式
アフターヌーン✅ 身バレ防止機能充実
✅ 追加料金なしで身バレ防止機能が使える
✅ 会員数が少ないのが弱点
公式
カドル✅ 利用者数業界1位!
✅ シークレットモードは有料機能
✅ Tinderみたいに使える!
公式

この記事を書いた人

ララウェル運営管理者 武部真也

武部真也

2011年から累計で100個以上のマッチングアプリを使い、アプリを調査・体験している。体験から得た知識を活かし、マッチングアプリに関連する記事を累計数百本執筆。
マッチングアプリ関連の記事の執筆・寄稿依頼を受付中です。こちらからご相談ください。
武部真也のプロフィール

【1】バレにくい既婚者マッチングアプリを選ぶ

もっとも重要なのが、バレにくい既婚者マッチングアプリを選ぶことです。

「バレにくい既婚者マッチングアプリ」とは、以下の2項目を満たしてるアプリです。

  • ブラウザからでも使える
  • 最強の身バレ防止機能「シークレットモード」がある

この2項目を満たすアプリは多いのですが、無料でシークレットモードを使えるアプリは少ないです。

会員数が多い既婚者マッチングアプリの中で無料でシークレットモードが使えるのは「ヒールメイト」と「アフターヌーン」のみ。
無料でシークレットモードを使いたいならこの2つを選んでください。
※どちらもシークレットモードの名称は「非公開モード」となっています

ヒールメイトなら写真にぼかしを入れる機能も使えます。
自分で写真を加工したりするのが面倒な人にはヒールメイトがおすすめですよ。

ヒールメイトは「検索型」の既婚者専用マッチングサイト

正式名称Healmate(ヒールメイト)
累計会員数6万人
主な年齢層30代〜50代(最も多いのは40代)
料金男性のみ有料:1ヶ月9,800円
(最安値:1ヶ月3,800円)
料金割引クーポンあり(20%オフ)
シークレットモードあり(無料)
運営開始2022年6月
運営会社レゾンデートル株式会社
インターネット異性紹介事業
受理番号
30220008-000
公式URLhttps://healmate.jp/

【2】新規Gmailアカウントで会員登録する

バレにくいアプリを選んだら、新規で既婚者マッチングアプリ用のGmailを作り、そのメアドをつかって会員登録しましょう。

Gmailはアプリではなくブラウザからログインするのがポイントです。
そうすれば既婚者マッチングアプリから通知等があってもスマホに表示されません。

あとで紹介しますが、アプリで知り合った人とのやりとりもGmailがおすすめ。
Gmailならこちらから3分もかからずに新規メアドを入手可能です。

すこし面倒ですが、バレたくないなら新規メアドを作ってください。

【3】写真・プロフィールは本人を特定しにくいように設定

会員登録したら写真やプロフィールの設定にうつります。
ここでは本人を特定しにくいようにするのがポイントです。

写真とプロフィールそれぞれでバレにくいようにする方法を解説します。

写真に「ぼかし」を入れてバレにくくする

既婚者マッチングアプリでは男女とも写真に「ぼかし」を入れるのが普通です。ぼかしを入れてバレにくいようにしましょう。

アプリによっては写真にぼかしを入れる機能が搭載されています。
人気アプリだとぼかし機能が搭載されてるのは「ヒールメイト」と「既婚者クラブ」。
ヒールメイトはぼかしの濃さを自分で調整できるのでおすすめです。
下の画像は写真にぼかしを入れてる様子です

ヒールメイトで写真にぼかしを入れている画面

横顔・後ろ姿・マスク姿などの写真で本人を特定にしくくする方法もおすすめです。

既婚者マッチングアプリで使う写真のコツは以下のリンク先で詳しく解説しています。
バレにくさとモテ度を両立させたい人は是非チェックしてください。

SNSに載せてる写真は絶対にNG

SNSに載せてる写真は絶対に登録しないでください。
Googleの画像検索等によって本人を特定される確率が上がります。

プロフィールはあいまいにするのがポイント

学歴・年収・身長や自己紹介文では情報をあいまいにするのがポイントです。

たとえば、4大商社勤務なら「商社で働いてます」とだけ書いてぼかしましょう。
身長が168センチなら171センチで登録して、本人を特定しづらくしましょう。
このようにぼかしたり、ずらすことでバレにくくなります。

あと、珍しい職種だったり変わった趣味を持っていてもストレートに書かない方が安全です。
ほのめかす程度にしてください。
ニックネームは本名とは全く関係がないものを使ってください。

そのかわり、登録した理由と目的は正直に書きましょう。
そうすれば同じ目的で登録した異性とマッチングしやすくなります。

【4】アプリ使用時は「プライベートモード」に設定

既婚者マッチングアプリではプロフィールを非公開にする「プライベートモード」を設定しましょう。
これだけで家族・友達・知り合いにバレる確率が激減します。

プライベートモードを使えば、あなたが「いいね」したり、足あとをつけた人しかあなたのプロフィールを閲覧できないようになります。
仕組みを図にするとこんな感じです

既婚者マッチングアプリのプライベートモードの仕組み

プライベートモードはアプリによって名称が違います。
※機能はだいたい同じ
アプリごとの名称は以下を参考にしてください。
無料でプライベートモードが使えるアプリには【無料】と記載しています。

  • 【無料】ヒールメイト→非公開モード
  • 【無料】アフターヌーン→非公開モード
  • 【無料】マリーゴー→プライベートモード
  • 【有料】カドル→シークレットモード

この4つの中だと、会員数が最も多いのはカドルです。
次に多いのはヒールメイト

でもカドルではシークレットモードは有料です。
この点、ヒールメイトは無料で非公開モードを使えます。
お金をかけずに身バレ対策したい人はヒールメイトがおすすめです。

【5】知り合いを見つけたら即ブロック

既婚者マッチングアプリにはマッチングアプリでお馴染みのブロック機能があります。
もし知り合いや、知り合いっぽい人を見つけたら即ブロックしてください。

一度ブロックしたら、その人はもうあなたのプロフィールを見れません。
だから使っていることがバレる可能性もなくなります。

でも、ブロックする前にプロフィールを見られてしまうこともあります。
このような事態の予防に有効的なのが先ほど紹介したプライベートモード
プライベートモードに設定していれば、ブロックする前に知り合い等にプロフィールを見られる可能性は激減します。

【6】マッチング後はLINEではなくGmailでやりとり

マッチングが成立したらメッセージが交換できるようなります。
ここで親しくなるとLINEを交換する人が多いですが、バレる確率を減らしたいならGmailでのやりとりがおすすめです。

セカンドパートナーがいる人の多くが相手とはLINEでやりとりしています。
でもLINEは

  • 妻・夫も使い方を知っている
  • ひんぱんに起動する
  • 設定を間違えるとスマホに通知が届く

などのデメリットがあり、やりとりがバレる可能性があります。

この点、Gmailでブラウザからログインすればバレる可能性が低いです。
できればGmailでやりとりしてください。

セカンドパートナーとのやりとりがバレにくい連絡方法と頻度は下のリンク先でくわしく解説しています。
ぜひチェックしてください。

【7】デートする場所は「距離」を意識

メッセージ交換の後はいよいよ会う約束、つまりデートの約束です。
デートする場所は「距離」を意識してください。

具体的には以下の2つの場所から遠ければ遠いほど良いです。

  • あなたと配偶者の自宅・職場
  • デート相手とデート相手の配偶者の自宅・職場

行動範囲内から遠くに行けば行くほど、知り合いに目撃される確率が下がります。
移動が大変ですが、できるだけ遠い場所で会ってください。

【8】会う頻度は少ない方がバレにくい

既婚者同士の恋愛では会う頻度を少なくしましょう。
具体的には1ヶ月に1回程度、無理しない時間帯に会うのが大事です。

もし婚外恋愛の相手と1ヶ月に何回も会っていたら、さすがにお互いの配偶者に疑われます。
不自然でない範囲で時間を作り、家庭に負担をかけずに会ってください。

妻(夫)・友達・知り合いにバレた時の言い訳を考えておく

この記事では既婚者マッチングアプリを使ってること、アプリで知り合った相手とやりとり・デートしてるのをバレないようにする方法を紹介しました。

けれど、どんな努力をしてもバレる時はバレます。
その時にそなえて何か言い訳を考えておきましょう。

どんな言い訳が良いかは人によって違います。
バレた時のことを想定し、適切で有効的な言い訳を考えておきましょう。

嫁(夫)・知り合いにバレにくい
既婚者マッチングアプリ3選
アプリ名特徴リンク
ヒールメイト✅身バレ防止機能が追加料金無しで使える!
✅写真ぼかし機能も有り
✅コスパ最高!
公式
アフターヌーン✅身バレ防止機能充実
✅追加料金なしで身バレ防止機能が使える
✅会員数が少ないのが弱点
公式
カドル✅利用者数業界1位!
✅シークレットモードは有料機能
✅Tinderみたいに使える!
公式